【コレオシ Vol.1581】売れ行き好調。ドスパラ秋葉原本店で一番人気のグラフィックスカード

2018.05.20 08:00 更新

2018.05.20 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

本日のコレオシは、ドスパラ秋葉原本店の白根さん。今一番売れているグラフィックスカード、Palit「GeForce GTX 1050 Ti StormX」を紹介してもらう。

Vol.1581 ~ドスパラ秋葉原本店 白根さん
「GeForce GTX 1050 Ti StormX」(型番:NE5105T018G1-1070F) 価格税抜17,112円
https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_parts.php?bg=1&br=31&sbr=213&mkr=&ft=&ic=441245&st=1&vr=10&lf=0

ここ最近、よく売れているグラフィックスカードといえば、PalitのGeForce GTX 1050 Ti搭載「GeForce GTX 1050 Ti StormX」(型番:NE5105T018G1-1070F)です。ゴールデンウィーク前は20,000円を超えていた価格も、ここにきて発売当時の17,000円台に戻りました。補助電源コネクタが無く、基板の長さが166mmというショートサイズが人気のカードです。

20180520_kore_1024x768c
20180520_kore_1024x768d 20180520_kore_1024x768e
ハニカムデザインのブラケット。出力インターフェイスは、DisplayPort×1、HDMI 2.0×1、Dual-Link DVI-D×1 スペックはコアベースクロック1,290MHz、ブーストクロック1,392MHz、メモリクロック7,000MHz

ゲームが“そこそこ動く”スペックが魅力。30,000円以上するGeForce GTX 1060は不要というライトなゲームユーザーに人気です。CPUやメモリがボトルネックになることも少ないので、Haswell、SandyBridge、Ivy Bridgeを搭載した旧世代PCのアップグレード用としても選ばれるようです。

20180520_kore_1024x768f 20180520_kore_1024x768g
フルHD解像度を想定した「3DMark Fire Strike」のスコア比較。GeForce GTX 1060には及ばないものの約8,000ポイントを計測する

スペック、価格ともに勧めやすい製品だけに、1週間でかなりの枚数を販売しています。PCを買い替える予定はないが、グラフィックスカードを強化したいという人には是非チェックしてほしいです。

20180520_kore_1024x768h

文: エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi
ドスパラ秋葉原本店: http://www.gdm.or.jp/shop/dos-akiba/
Palit Microsystems: http://www.palit.biz/

totop