容量2倍。960GBの3D Xpoint採用SSD「Optane SSD 905P」発売開始

2018.05.17 19:00 更新

2018.05.17 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

従来モデルから容量を2倍に拡大した、Intel Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)の3D Xpoint採用SSD「Optane SSD 905P」が発売開始。今回入荷したのはHHHLフォームファクタモデルで容量は960GB。

U.2タイプの480GBモデルは近日入荷予定

20180517_akiba_01_1024x768_01

一般的なNANDフラッシュに比べてレイテンシが低く、耐久性にも優れる「3D Xpoint」を採用するNVMe SSDの新製品。昨年11月に発売が開始された「Optane SSD 900P」の後継モデルにあたる製品で、容量が2倍になったことでより大容量のデータを扱うことができるようになった。

20180517_akiba_01_1024x768_04
「Optane SSD 900P」シリーズと同じ、高級感のあるマット調のパッケージを採用

今回発売が開始されたのはHHHLフォームファクタに対応する960GBモデル「SSDPED1D960GAX1」。基板全面を覆うヒートシンクにはLEDライティング機能が新たに追加され、ケース内のドレスアップ効果も狙えるようになっている。

20180517_akiba_01_1024x768_03
HHHLモデルはヒートシンクのデザインが変更され、LEDライティング機能が追加された

主なスペックは、インターフェイスがPCI-Express3.0(x4/NVMe)、転送速度はシーケンシャル読込2,600MB/sec、書込2,200MB/sec、ランダム読込575,000 IOPS、書込550,000 IOPSで、特にランダムアクセスに優れるのが特徴。さらにレイテンシは読込、書込とも10μs未満とされ、一般的なSSDに比べると大幅に低減されている。

20180517_akiba_01_1024x768_07 20180517_akiba_01_1024x768_05

カードサイズは68.9×17.2×168mm、重量230g。書込耐性は17.52PBW、MTBFは160万時間で、製品保証は5年間。なお販売ショップはオリオスペック(税込159,800円)とパソコン工房 秋葉原 BUY MORE店(税込154,800円)で、在庫数はいずれも少量。なおU.2フォームファクタの480GBモデルも近日中に入荷する予定だ。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi/池西 樹
Intel Corporation: http://www.intel.com/

totop