最速クラスの性能。3D NAND採⽤の 「WD Black 3D NVMe SSD」18⽇発売

2018.05.17 12:25 更新

2018.05.17 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

Western Digitalから、 最新3D NANDを採用するNVMe SSD「WD Black 3D NVMe SSD」シリーズが登場。容量は250GB、500GB、1TBの3モデルで、18日(金)から複数ショップで販売がスタートする。

性能が飛躍的に向上。生まれ変わった新型「WD Black」

WD Black 3D NVMe SSDシリーズ
WDS250G2X0C(250GB)売価税込約14,800円
WDS500G2X0C(500GB)売価税込約27,800円
WDS100T2X0C(1TB)売価税込約51,800円
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2018/0406/258449

Western DigitalのハイエンドNVMe SSD「WD Black NVMe SSD」に、2018年モデルが登場。秋葉原の複数ショップには250GB「WDS250G2X0C」500GB「WDS500G2X0C」1TB「WDS100T2X0C」計3モデルが既に入荷している。

20180517_ssd_1024x768_03

昨年3月に発売された、初代「WD Black PCIe SSD」から、最新3D NANDを採用。転送速度はシーケンシャル読込が最高2,050MB/secから3,400MB/sec、書込が800MB/secから2,800MB/sec、ランダム読込が170,000 IOPSから500,000 IOPS、書込が134,000 IOPSから400,000 IOPSへと飛躍的に向上されている。

20180517_ssd_1024x768_04

フォームファクタはM.2 2280、インターフェイスはPCI-Express3.0(x4)を採用。書込耐性はそれぞれ200TBW、300TBW、600TBW、MTBFは175万時間で、5年間の製品保証が提供される。

20180517_ssd_1024x768_05 20180517_ssd_1024x768_06

昨日発売されたSamsung「PM981」シリーズも、高速かつ安価な価格設定が特徴だが、「WD Black 3D NVMe SSD」シリーズも「なかなか強気の価格設定」(販売ショップ)。高価なイメージあるハイエンドNVMe SSDだが、ここにきて一気に低価格化が進んでいる。

18日から販売を予定しているのは、ドスパラ秋葉原本店パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店ツクモパソコン本店TSUKUMO eX.

文: エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi
ウエスタンデジタルジャパン株式会社: http://www.wdc.com/jp/

totop