【ササキチとアキバ語り Vol.001】復活の老舗カレー専門店「ベンガル」店主に聞く

2018.04.25 00:00 更新

2018.04.25 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

アキバのあちこちと繋がるアキバブロードキャスターのササキチが、この街で活躍する“人”に直撃する「アキバ語り」。今回のお相手は、老舗カレー専門店「ベンガル」店主の浅見さんだ。40年以上続く同店の昔話から移転にまつわるよもやま、アキバへの想いをざっくばらんに語ってもらった。

老舗カレー店の「ベンガル」を引き継いで

bengal_sskt_1024x768c bengal_sskt_1024x768d
創業から45年の歴史をもつ、アキバの老舗カレー専門店「ベンガル」代表の浅見さん。香辛料を扱う商社を経営しながら、十数年前に先代店主から同店を引き継いだ 聞き手は、アキバブロードキャスターことササキチ。子供時代からアキバに通い、「ベンガル」との出会いもその頃にさかのぼる。“いつもの”メニューは「なすのドライカレー」
  • ササキチ
    早速ですが、先月のリニューアルおめでとうございます!いやぁ、ベンガルさんが無事に復活してくれて、ホントに嬉しかった。何しろこのお店には、子供の頃から通ってますからね・・・自分や周りに動きがあれば、その度に浅見さんに報告に来たりして。思い出深い場所ですよ。
  • 浅見氏
    リニューアルしてから色んな人が来てくれたけど、その中でも佐々木さんは小さい時からのお馴染みさんだね。今では、アキバの若い人たちと付き合う取っ掛かりになってくれて。移転からしばらく経って、そろそろお店のドタバタも落ち着いてきたかな。
bengal_sskt_1024x768f bengal_sskt_1024x768g
旧店舗が所在していたビルの建て替えにより、移転のため一時閉店となっていた「ベンガル」。先月の3月16日に無事リニューアルオープンを果たした
  • ササキチ
    お聞きしたいことは色いろあるんですけど、まずは昔話からいきしょうか。浅見さんはご店主としては2代目なワケですが、前のオーナーが引退する時にお店を引き継いで、今に至るんですよね。
  • 浅見氏
    そうだね。お店を引き受けてから、もう14年くらいになるのかな。僕が香辛料を扱う商社にいた頃からのお付き合いで、その時の親会社に先代のオーナーがいたんだよ。そこでスパイスに魅せられて、カレーの専門店まで立ち上げちゃったっていう。
  • ササキチ
    その頃のベンガルって、なんだかスゴく格調高くて、敷居も高かったイメージなんですよ。(オーナーの)おばさんは高い帽子被ってシェフ然としてて、外にはタキシード着たボーイが立ってて。小学生心に「ここはオレらじゃ入れねぇな・・・」なんて思ってましたね。まぁ、お値段も小学生向きじゃなかったけど(笑)。
  • 浅見氏
    そうだったかもね(笑)。今と違って、飲食店も簡単に出せる時代じゃなかったし。それこそカレー屋なんて、よほどどこかでガッチリ修行したような人でもないと、とても出せるような感じじゃなかった。そういう意味で、しっかりしたプライドを持ってた人ではあったよね。
bengal_sskt_1024x768e
  • ササキチ
    まぁそうは言いつつ、友達と一緒に入っては、ギャアギャア騒いで怒られたりしたんですけど(笑)。ちなみに浅見さんは、香辛料の会社で働きつつ、ベンガルのお手伝いに入ることもあったとか。
  • 浅見氏
    そう。お昼の忙しい時間になると、親会社の方から「浅見くん、いる?」って電話がかかってくるわけ。まだ僕が新米だった頃の話だけど、そのままネクタイ外してお店に立ってお手伝い。終わった後にご馳走してくれる「ビーフ角切りカレー」が楽しみでね(笑)。もちろん、お客さんとしてもよく行ってたよ。
  • ササキチ
    今はもうご自身で香辛料の会社をやってらっしゃるワケですけど、まさかそのベンガルを引き継ぐことになるとは。当時は全然考えてなかったでしょうね。
  • 浅見氏
    それはそうだよね。先代から「もう疲れちゃってダメだから、お店継いでくれない?」って頼まれた時は、さすがに迷ったなぁ。自分の会社のこともあったしね。でも3年くらいずっと説得されて、よくよく考えて。じゃあ買わせていただきますと。
bengal_sskt_1024x768h もとは香辛料を扱う会社がルーツだった同店。今では自身が香辛料の商社を運営している浅見さん、店頭では伝統的なカレー粉製法で作られたスパイスも小売されている
  • ササキチ
    やっぱりベンガルが好きだったってことですよね。もちろんそれだけで引き受けられるほど、簡単なことじゃないですけど。
  • 浅見氏
    当時でも30年くらい続いていたわけで、そういうお店って、一から作ろうと思ってもなかなかできないからね。雰囲気も、通ってくれてるお客さんもそう。この店をなくしちゃいけない、という気持ちが強かったなぁ。
totop