Gemini Lake最上位「Pentium Silver J5005」搭載ファンレスMini-ITXがASRockから発売

2018.04.13 16:10 更新

2018.04.13 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

ASRock Incorporation(本社:台湾)より、Gemini Lake最上位SoC「Pentium Silver J5005」を搭載する、ファンレスMini-ITXマザーボード「J5005-ITX」が発売開始。販売価格は税込17,000円前後だ。

ファンレスながら最高2.8GHzの高クロック動作に対応

J5005-ITX 販売価格税込17,000円前後(発売中)
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2018/0216/252821
20180413_akiba_01_1024x768c

ミドルレンジクラスのCeleron J4105搭載モデル「J4105-ITX」から遅れること約1ヶ月。ようやくGemini Lake最上位「Pentium Silver J5005」を搭載するMini-ITXマザーボード「J5005-ITX」の発売が開始された。ファンレス駆動モデルながら、クアッドコア動作に対応。さらにCPUクロックはバースト機能により最大2.80GHzまで引き上げられ、これまでになくパワフルな動作が期待できる。

20180413_akiba_01_1024x768e 20180413_akiba_01_1024x768f
基本スペックや機能は「J4105-ITX」と同等。搭載SoCを変更した上位モデルの位置づけだ

また内蔵グラフィックス機能もCeleron J4105のIntel UHD Graphics 600(実行ユニット数12基/最大クロック750MHz)からIntel UHD Graphics 605(同18基/800MHz)へアップグレード。4K@60Hzの高解像度表示や、3Dアクセラレーションを使用するアプリケーションでは、描画性能にも大きな違いが出るはずだ。

20180413_akiba_01_1024x768d

その他スペックは共通で、メモリスロットはDDR-2400/2133MHz SO-DIMM×2(最大8GB)、ストレージはSATA3.0(6Gbps)×4、拡張スロットはPCI-Express2.0(x1)×1で、対応OSはWindows 10 64bitのみ。なお詳細についてはこちらのプレスリリースをあわせて参照いただきたい。

20180413_akiba_01_1024x768g 20180413_akiba_01_1024x768h
「J4105-ITX」との価格差は約4,000円。IntelのCeleron J4105(107ドル)とPentium Silver J5005(161ドル)の希望カスタマー価格の差が54ドルあることを考えるとなかなかお買い得だ

取材時点で販売を確認したのはパソコンショップアークツクモパソコン本店TSUKUMO eX.ドスパラ 秋葉原本店パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店で、販売価格は税込約17,000円。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASRock Incorporation: http://www.asrock.com/

totop