起動ドライブにも使える「3D XPoint」採用SSD、Intel「Optane SSD 800P」発売開始

2018.04.12 17:03 更新

2018.04.12 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

低レイテンシかつ高耐久な不揮発性メモリ「3D XPoint」を採用する、Intel Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)のM.2 SSD「Optane SSD 800P」シリーズが発売開始。容量は58GBと118GBの2モデルがラインナップされる。

より汎用的になったコンシューマ向け「3D XPoint」採用SSD

Optane SSD 800Pシリーズ(発売中)
SSDPEK1W060GA01(58GB) 販売価格税込約13,500円
SSDPEK1W120GA01(118GB) 販売価格税込約25,500円
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2018/0309/255209

一般的なNANDフラッシュに比べて、低レイテンシかつ高耐久な不揮発性メモリ「3D Xpoint」を採用するM.2 SSD「Optane SSD 800P」シリーズの発売がアキバ各店で開始された。

Intel-Optane-SSD-800P_1024x768a

「3D Xpoint」を採用するM.2 SSDとしては、昨年4月に「Optane Memory」が発売されているが、こちらは容量が最大でも32GBしかなく、基本的にはストレージキャッシュとしてしか利用できなかった。一方、今回登場した「Optane SSD 800P」は、下位モデルでも58GB、上位モデルでは118GBと大幅に容量が増加。OSの起動ドライブとしても十分利用できるのが特徴だ。

インターフェイスはPCI-Express3.0(x2)、フォームファクタはM.2 2280。転送速度はシーケンシャル読込1,450MB/sec、書込640MB/sec、ランダム読込250,000 IOPS、書込140,000 IOPSで、単純な転送速度はNVMe SSDの下位モデルとほぼ同等。しかし、レイテンシは読込6.75μs未満、書込18μs未満と非常に小さく、さらにデータを上書きする際にも速度低下が少ないことから、実際の体感速度は非常に快適になるという。

20180412_optane_1024x768_02 20180412_optane_1024x768_03
今回入荷したのは、白箱のシンプルなパッケージながら国内正規代理店モデルで保証も通常通り。なお今後もこのままのパッケージが使用されるかは現時点不明とのこと(店員談)

なお取材時点で販売を確認したのは、パソコンショップアークオリオスペックテクノハウス東映パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店。販売価格は58GBモデルが税込約13,500円、118GBモデルが税込約25,500円。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Intel Corporation: http://www.intel.com/

totop