CORSAIR初のワイヤレスゲーミングキーボード「K63 Wireless」は本日デビュー

2018.02.17 12:00 更新

2018.02.17 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

CORSAIR(本社:アメリカ カリフォルニア州)初のワイヤレスキーボードとして注目を集めている「K63 Wireless」(型番:CH-9145030-JP)の販売が17日(土)からスタート。テンキーレスの日本語配列仕様で、売価は税込16,740円。

CORSAIR初のワイヤレスキーボードと専用オプション

K63 Wireless(型番:CH-9145030-JP) 
売価税込16,740円
K63 Wireless Gaming Lapboard For K63 Wireless(型番:CH-9510000-WW)
売価税込9,720円
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2018/0209/252016

「CES 2018」での正式発表以来、「国内販売について問い合わせが多かった」(販売ショップ)という話題のキーボード「K63 Wireless」の販売がスタートした。

K63_Wireless_1024x768b
脱着可能なリストレストが付属。内蔵のリチウムイオンバッテリーにより、バックライト使用時約15時間、バックライト非使用時で最大75時間の利用ができる

今まで多数のゲーミングキーボードを手掛けてきたCORSAIRだが、初のワイヤレスタイプとなるのが特徴。キースイッチにCherry MX Redを採用するテンキーレスモデルだ。バックライトLED搭載の91キー日本語配列仕様は、昨年発売された有線モデル「K63 Compact JP」同様。外形寸法もW366×D173×H41mmとほとんど変わらない。

20180217_cor_1024x768_04
Windowsロックキーのほか、ボリュームアップ、ボリュームダウン、ミュート、再生、停止、進む、戻るが手元で操作できる便利なマルチメディアキーも備える

接続は1msの低遅延で高速データ転送を実現する2.4GHz無線、低消費電力で通信が可能なBluetooth Low Energy (LE)規格にも対応したBluetooth 4.2、USBによる有線の3種類をサポート。最大1,000Hzの高速レポートレートや、全キー対応のNキーロールオーバー、100%アンチゴーストなどのゲーミング機能を搭載する。もちろん、CORSAIR独自ソフトウェア「CORSAIR Utility Engine」を使えば、各キーごとのLEDのカスタマイズも可能だ。

そして、同時発売のラップボード「K63 Wireless Gaming Lapboard For K63 Wireless」もご紹介しよう。こちらは「K63 Wireless」専用オプション。本体左側にツールレスでワンタッチ装着。右側にマウスパッド部があるので、大画面TVを前にしてソファでくつろぎながらゲームに興じることができるというワケだ。

20180217_cor_1024x768_05
ラップボードの底面部分は、形状記憶の低反発フォームを装備。そのため膝の上に乗せた状態でも安定して操作ができる

販売ショップはパソコンショップアークツクモパソコン本店ツクモDOS/Vパソコン館(「K63 Wireless」のみ)、TSUKUMO eX.など。

20180217_cor_1024x768_06 20180217_cor_1024x768_07
「K63 Wireless」専用となかなかニッチなアイテム。パッケージは長さ690mmと大きいので持ち帰りの際には注意

文: エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi
CORSAIR: http://www.corsair.com/
株式会社アスク: https://www.ask-corp.jp/
株式会社リンクスインターナショナル: http://www.links.co.jp/

totop