キーボード一体型で税抜3,240円。安価なリモコン型のエアマウスが上海問屋から

2018.02.09 12:20 更新

2018.02.09 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

キーボード一体型の安価なリモコン型エアマウス「リモコン型 マウス」(型番:DN-915082)が上海問屋から発売。ドスパラ秋葉原別館の上海問屋にて先行販売が始まっている。価格は税抜3,240円。

マウス操作とキーボード入力を1台で。ソファに座ったままのグータラ操作も可能

DN-915082_1024x768c
リモコン型のエアマウス機能とキーボード機能が一体化した、上海問屋の「リモコン型 マウス」。アキバ店頭にて先行販売中だ

空間を使ってマウス操作を行う、エアマウスの新モデルが上海問屋から発売。接続インターフェイスは2.4GHzワイヤレスで、Windows PCやMacのほか、WindowsタブレットやAndroid端末にも対応する。

6軸ジャイロセンサーと加速度センサーを内蔵し、デスクに縛られないグータラなマウス操作が可能。マウス機能が集約されたリモコン状のトップ面には、左右クリックボタンや指向性パッドのほか、メニューボタンやEnterボタン、再生/一時停止やボリュームボタンなどのメディアコントロールボタンを備えている。

DN-915082_1024x768d DN-915082_1024x768e
内蔵ジャイロにより空中でマウスカーソルを操作。リモコン面には左クリックとして機能するセンターボタンのほか、各種操作ボタンやメディアボタンを備える
DN-915082_1024x768f
裏面はキーボードに。省スペースな変速配列で40キー+Fnキーを搭載、両手でグリップして入力する

裏面にはキーボードを搭載。約40キーの英語配列がレイアウトされ、両手で持って親指で入力する。Fnキーとの押し合わせにより、数字キーや記号キーの入力も可能となっている。

なお、電源には単4電池×2を使用。キーボード左右のグリップ部分が電池ボックスになっており、ボックス内には携帯時にワイヤレスアダプタを収納することもできる。

DN-915082_1024x768g DN-915082_1024x768h
キーボード両端に備えた電池ボックスに単4電池×2を入れて使用する。なお、アダプタを収納する際は、片方の電池を取り外す必要がある

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
ドスパラ秋葉原別館: http://www.gdm.or.jp/shop/dos/

totop