全世界500台限定のFSP製水冷ATX電源「Hydro PTM+ LE」23日発売~予約受付開始~

2018.02.08 18:45 更新

2018.02.08 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

Bitspower製RGB水冷ヘッドを内蔵する、FSP(本社:台湾)製80PLUS PLATINUM認証電源ユニット「Hydro PTM+」の国内発売日が23日(金)に決定。今回入荷を予定しているのは、500台限定の「Limited Edition」で、オリオスペックでは本日より予約受付が開始されている。

オールインワン水冷と専用スリーブケーブルが付属する「Limited Edition」

Hydro PTM+ Limited Edition 販売価格税抜99,800円(2月23日発売予定/予約受付中)
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2018/0207/251844
http://www.gdm.or.jp/crew/2017/0531/209026
20180208_akiba_01_1024x768_03
Bitspower製RGB水冷ヘッドを内蔵するPLATINUM認証電源、FSP「Hydro PTM+」の国内発売が決定

量産モデルでは世界初を謳うFSPブランドの水冷対応ATX電源ユニット「Hydro PTM+」の国内発売が23日より開始される。今回入荷が予定されているのは、専用スリーブケーブルとBitspower製オールインワン水冷キットが同梱される数量限定モデル「Limited Edition」で、販売価格は税抜99,800円だ。

20180208_akiba_01_1024x768_07
20180208_akiba_01_1024x768_08 20180208_akiba_01_1024x768_09
製品には、専用スリーブケーブルとBitspower製オールインワン水冷キットが同梱される

本体には口径135mmの静音ファンに加えて、Bitpowerと共同開発したオリジナル水冷ヘッドを内蔵。水冷システムと連動することで、セミファンレス動作の負荷上限を30%から50%に、最高出力を1,200Wから1,400W(100V環境では1,300Wまで)にそれぞれ引き上げることができる。

20180208_akiba_01_1024x768_06
水冷にばかり目が行きがちだが、基本となるスペックも上々。+12Vは100A出力のシングルレーン設計で、マルチグラフィックスも楽にこなすことができる

80PLUS PLATINUM認証を取得した高効率モデルで、水冷ヘッドにはASUS「AURA SYNC」と連動するRGB LED機能を内蔵。ケーブルは必要なもののみ接続するフルモジュラー仕様で、フィッティングはG1/4に対応する。なお詳細スペックはこちらのプレスリリースを参照のこと。

20180208_akiba_01_1024x768_04 20180208_akiba_01_1024x768_05

取材時点で入荷を予定しているのはオリオスペックで、本日より予約受付開始。同店にはサンプル(本体のみ)も入荷しているが、今のところ展示や動作デモの予定はないとのこと。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi/池西 樹
FSP: http://www.fsplifestyle.com/

totop