容量1,250Wで税抜22,037円。格安大容量のマイニング向け電源ユニットが発売開始

2018.01.13 11:55 更新

2018.01.13 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

Colorful Technology CO., LTD(Colorful/本社:中国)のSegotepブランドから、容量1,250Wのマイニング向け電源ユニット「GP1350-FM Gold」が発売された。入荷を確認したツクモパソコン本店TSUKUMO eX.では、売価税抜22,037円。

クラス最安のマイニング向け電源ユニット

未だ衰えることのないマイニングブーム。秋葉原には連日PCパーツのまとめ買いをする客が訪れている。そんな中「型番は1350なのに容量は1,250W」(ショップスタッフ)となる「GP1350-FM Gold」が登場。同容量帯では最安価格の80PLUS GOLD認証電源ユニットだ。

+12V出力は1系統104A。ケーブルはフルモジュラー仕様で、PCI-Express 8(6+2)pinコネクタは計12個を搭載。これ1台で複数のグラフィックスカードが同時運用できる。

20180113_akiba_1024x768_03
サイズこそ一般的なATX対応ながら、冷却ファンの回転数は2,400rpm固定。通常使用するには「かなりうるさいと思う」とのこと

冷却ファンには回転数を2,400rpmに固定した140mmダブルボールベアリングファンを標準装備。マイニングでの利用を想定し、システム起動時から最高回転で冷却し続けることにより、電源ユニットの発熱を抑え、常に安定した電力が供給できる。外形寸法はW150×D180×H86mm、重量約2kgで、一般的なサイズに収められているのも特徴のひとつだ。

20180113_akiba_1024x768_04 20180113_akiba_1024x768_05
マイニング向け電源ユニットで見かけることが多い「90+」のシール

なお、グラフィックスカードへの電源供給は、SATAケーブルやペリフェラル4pinケーブルを使わず、PCI-Eケーブルで行うことが強く推奨されている。複数ショップスタッフによると「変換ケーブルを使いSATAやペリフェラル4pinからグラフィックスカードに電源を供給して故障させるマイニングユーザーが急増している」という。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi
ツクモパソコン本店: http://www.gdm.or.jp/shop/tsukumo/
Segotep(Colorful): http://en.segotep.cn/
株式会社リンクスインターナショナル: http://www.links.co.jp/

totop