ノートPCの起動音を“ピポッ”に変える、miniPCIe接続のPC-98起動音ジェネレータ登場

2018.01.06 00:00 更新

2018.01.08 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

miniPCI-Expressスロットに接続するPC-98シリーズの起動音ジェネレータ「mini PCI-Expressスロット用PC-98シリーズ起動音ジェネレータ」がアキバに登場。6日(土)より家電のケンちゃんで販売が開始される予定だ。

PC-98起動音ジェネレータの新モデル

20180105_01_akiba_1024x768_03
話題のPC-98起動音ジェネレータにminiPCI-Expressモデルが登場

PC-98シリーズの起動音を再現できる起動音ジェネレータに、miniPCI-Express接続の新モデル「mini PCI-Expressスロット用PC-98シリーズ起動音ジェネレータ」が登場した。基板サイズはminiPCI-Expressハーフサイズに準拠し、ノートPCに内蔵可能。また各種コンポーネントはあらかじめ実装済みのため、購入してすぐに使用することができる。

20180105_01_akiba_1024x768_04 20180105_01_akiba_1024x768_05
基板上には小型スピーカーの他、テスト時に3.3V電源を供給できるTP1/TP2の空きパターンが用意されている ビープ音の速度変更つまみ(画像左「VR2」)とテスト用のタクトスイッチ(画像右「SW1」)

基板上には小型のスピーカーに加え、ビープ音の速度変更つまみ、テスト用のタクトスイッチ、テスト用の外部電源供給パターンを搭載。ただしスピーカーの音量があまり大きくないことから、4pinペリフェラル対応の「PiPo Ver6.2A」や、USB接続の「BEEP on USB ver1.0」に実装されていた音量つまみは省略。標準設定(最大)から変更できない点には注意が必要だ。

20180105_01_akiba_1024x768_06 スロット周辺のコンポーネントに干渉しないよう、裏面には一切パーツは搭載されていない

なお取り扱いショップは家電のケンちゃんで、販売は6日(土)に製品が入荷次第開始される予定。販売価格は税抜2,500円で、入荷数は少なめとのこと。

20180105_01_akiba_1024x768_07 20180105_01_akiba_1024x768_08
使い方やテスト方法が記載された簡易マニュアルが付属する

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一/池西 樹
家電のケンちゃん@秋葉原東京ラジオデパート店: http://www.gdm.or.jp/shop/2017/0101/193926

totop