3通りのレイアウトが選べる、Cooler Masterの最上位フルタワー「COSMOS C700P」登場

2017.12.19 18:45 更新

2017.12.19 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

モジュラーデザインを採用する、Cooler Master Technology(本社:台湾)の最上位フルタワーPCケース「COSMOS C700P」(型番:MCC-C700P-MG5N-S00)がアキバに登場。予定通り明日20日(水)より販売が開始される。価格は税込54,864円だ。

予約のみで売り切れのショップもあり。期待のフルタワーPCケース

COSMOS C700P(型番:MCC-C700P-MG5N-S00) 販売価格税込54,864円(12月20日発売)
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2017/1215/246497
http://www.gdm.or.jp/crew/2017/0601/209052
1219_01_akiba_1024x768_03
左サイドのデュアルカーブ強化ガラスパネルは、後部にあるヒンジで固定されており、簡単に開閉できる

Cooler Master「COSMOS」シリーズに属するフラッグシップフルタワーPCケース「COSMOS C700P」がアキバに登場。予定通り明日20日より販売が開始される。人気シリーズの完全新作となる「COSMOS C700P」。50,000円を超える高価なモデルながら注目度は高く、初回入荷分は予約受付のみで完売しているショップもあり。確実に購入するなら早めに行動したほうが良さそうだ。

1219_01_akiba_1024x768_04
ソリッド仕様の右サイドパネルも後部ヒンジで固定されており、開閉はラクに行うことができる

従来の「COSMOS」シリーズから内部設計を刷新。各種コンポーネントを取り外せる「モジュラー構造」を採用し、マザーボードトレイのレイアウトは通常の「レギュラーレイアウト」に加え、90°回転する「チムニー レイアウト」、上下を逆さにする「インバート レイアウト」の3種類を選択可能。またトップにはメッシュパネルを採用し、ハイエンド構成にも耐えられる優れた冷却性能を発揮する。

1219_01_akiba_1024x768_05
各種コンポーネントを取り外せる「モジュラー構造」により、マザーボードのレイアウトは3種類から選択できる
1219_01_akiba_1024x768_10 1219_01_akiba_1024x768_09

またサイドパネルにはデュアルカーブデザインの強化ガラスパネルを採用し、RGB LEDライティング機能を標準装備。さらに電源ユニットやストレージ、ケーブル類を隠すカバーも実装され、イマドキのPCケースらしくドレスアップ効果も期待できる。

1219_01_akiba_1024x768_07 1219_01_akiba_1024x768_12

主なスペックはドライブベイが5.25インチベイ×1、2.5/3.5インチシャドウベイ×2、2.5インチシャドウベイ×2で、拡張スロットは8段。冷却ファンはフロント120/140mm×3(140mm/1,200rpm×2標準)、トップ120/140mm×3、リア120/140mm×1(140mm/1,200rpm標準)。外形寸法はW306×D639×H651mm、重量22.2kg。なお詳細スペックについてはこちらのプレスリリースを合わせて参照頂きたい。

1219_01_akiba_1024x768_11
パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店では、実機の展示もスタート。内部構造などを実際に確かめることができる

取材時点で取り扱いが確認できたショップはパソコンショップアークオリオスペックツクモパソコン本店TSUKUMO eX.ドスパラ 秋葉原本店パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店の6店舗。またパソコン工房 秋葉原 BUY MORE店では、本日より実機の展示も開始されている。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi/池西 樹
Cooler Master Technology: http://apac.coolermaster.com/jp/

totop