24時間年中無休のジムが秋葉原に誕生!いったいなぜアキバを選んだのか?

2017.12.04 00:00 更新

2017.12.04 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

あまり運動に縁がなさそうなイメージ(偏見)のアキバだが、先ごろ24時間年中無休を掲げるフィットネスクラブ「エニタイムフィットネス秋葉原店」が進出。電気街からもアクセスしやすい、昌平橋通り近くにオープンしている。はたしてアキバにジムはマッチするのだろうか?

電気街からアクセス良好、アキバの街中にガチなフィットネスジムが誕生

anytime_1024x768c
ある意味フィットネスジムの穴場といえる電気街方面に、超大手の「エニタイムフィットネス」が進出した。会員ならスルッと入って即体を動かせるが、初めての場合はインターフォンでスタッフさんに声をかけてみよう

秋葉原といえば、サブカルの聖地や外国人の観光スポット、最近ではグルメ街としても注目されることが多くなった。そんな具合で、およそ“運動”とは縁がなさそうに思える街ながら、先月の11月9日(木)に24時間年中無休の超大手ジム「エニタイムフィットネス」が進出。昌平橋通り沿いに位置する「ココス 秋葉原店」に近い、「カフェ&バー キャラクロ」跡地にて営業を開始している。

ちなみに秋葉原地区全体を眺めてみると、女性専用の「シェイプス秋葉原店」、格闘技やボクシングを中心とした「ファイトフィット秋葉原」など、ジム自体はいくつか存在していたりする。ただし所在地は佐久間町や和泉町など、電気街からは少々離れた立地。そんな状況で、JR秋葉原駅の電気街口からアクセスしやすいエリアに「エニタイムフィットネス秋葉原店」がオープンしたというワケだ。

国内250店舗以上、世界3,500店舗以上を構える超大手ジムが、どうしてアキバにやってきたのか?その事情を教えてもらうことにした。
 

秋葉原なら確実にいける!その確信がありました

anytime_675x768 お話をお聞きした、エニタイムフィットネス秋葉原店のマネージャー・スマイル井上氏。実は総合格闘家としても活躍している、フィットネスの達人だ
  • 取材班
    秋葉原にフィットネスジムを出そうと思ったキッカケは何でしょう。
  • 井上氏
    「キャラクロ」さんが閉店されたあと、「エニタイムフィットネス」本部からオーナーに連絡があったんです。その話を聞いた時から、秋葉原にジムを作ったら絶対お客様が入るという自信があったので、「ぜひやりましょう!私にやらせてください!」と手を挙げました。それがちょうど半年くらい前ですね。
  • 取材班
    このアキバ(しかも電気街方面)で絶対いけると考えた理由は?
  • 井上氏
    まず秋葉原は圧倒的にジムが少なく、競合がないんですよ。でも近隣に住んでいる方はもちろん、会社で働いている方も多いですし、24時間のジムがあれば絶対に利用してもらえるハズ。それに「エニタイムフィットネス」は、会員であれば世界中どのクラブでも利用できるという強みがありますから、すでに別クラブを利用されている方も来ていただけると思っています。

     さらに、いま若い世代で筋トレがかなりブームなんですよ。秋葉原にはエネルギーに満ちあふれている方が多いので、今までジムを使ったことがない方でも、興味をもっていただけると考えました。

  • 取材班
    実際のところ、反響はいかがでしたか?
  • 井上氏
    かなり良かったですよ!プレオープン時から異例の入会数で、こちらも驚きました。だいたい近隣にお住まいの方が過半数、外神田や湯島に住んでいらっしゃる方たちの利用が特に多いですね。
  • 取材班
    ところで、井上さんは秋葉原が好きなんですか?
  • 井上氏
    昔から大好きで、ずっと秋葉原に住みたいと思っていたくらいなんですよ。秋葉原でジムがいけるという確信がありつつ、自分がココに通いたかったので手を挙げたという話もあります(笑)。もともと家が近いこともあってよく来ますし、とにかく秋葉原の街の雰囲気が大好きですね。

 

続くフィットネスジムインタビュー。ちょっと脱線も・・・

anytime_1024x768a
以前からよくアキバに足を運んでいたという井上氏、目論見が当たって秋葉原店での入会数はかなり多かったとか。ジムとか行ったことないんですけど・・・という人も、アキバのジムなら通える?
  • 取材班
    先ほど利用客の話が出ましたが、こういったジムは住宅街と繁華街とどちらが賑わうんでしょうか。
  • 井上氏
    色んなケースがあるかと思いますが・・・私個人のイメージでは、都市型(昼間人口が多い場所)より、住まいのある地元のジムが賑わう印象ですね。どちらの顔も持つ街が一番良いと思います。
  • 取材班
    ちなみに興味本位の質問で恐縮ですが、ジムトレーナーはモテるイメージを(勝手に)持っていました。実態はどうなんでしょうか。
  • 井上氏
    いやぁ、なんというか・・・一切モテないですね(笑)。特に「エニタイムフィットネス」は、好きな時間に来てご自由に利用していただくというのが強みでもありますので、お客様と過度に接する機会はないんです。そういう意味で、どなたでも気後れなく来ていただけるという面はありますね。
  • 取材班
    なんだか意外なようなホッとしたような(笑)。最後にお店のPRをお願いします。
  • 井上氏
    「エニタイムフィットネス」には、「Get to a Healthier Place!(誰もが健康的で、心豊かな社会を目指して)」というモットーがあります。そのために会費を安めに抑えつつ、好きな時間に利用できるなど、とにかく敷居を低くできるように努めているんです。ちょっとでも興味が湧きましたら、ぜひ一度お話だけでも。これから「エニタイムフィットネス秋葉原店」をよろしくお願いします!

 

エニタイムフィットネス最大級の設備

大手ジム「エニタイムフィットネス」の中でも最大級の設備を誇る秋葉原店。地下1階は広々としたフリーウェイトエリアになっているが、写っているのはそのごく一部だ

120坪以上という広いスペースを構えた店内には、「エニタイムフィットネス」でも国内最大級の設備を用意。特に人気のあるフリーウェイトエリアを大きく取り、「スタンダードなものからマニアックなものまで、初心者の方も、上級者の方も満足してご利用いただけます」(井上氏)という。ちなみに店内の設備は、マネージャーの井上氏と(マッチョ界で有名な)シャイニー薊氏によるチョイスとのこと。

なお、現在「エニタイムフィットネス秋葉原店」では、新規会員は月会費(税込8,424円)が無料になるキャンペーンを12月限定で実施中。気になった人は、WEB入会もしくは見学予約を検討してみよう。アキバで働く人は仕事上がりに、趣味人もパーツやグッズを物色したらジムで一汗流す。それもまた一興だ。

anytime_1024x768b フリーウェイトエリアにズラリと並んだダンベル。自分に合ったものを自由に手に取れる
anytime_1024x768e anytime_1024x768f
ランニングやバイク系のマシンにはテレビや動画が見られるモニターが付いている 日焼けマシンも完備。身体を仕上げたい方は中にこもって変身だ

文: フリーライター 長戸勲
エニタイムフィットネス秋葉原店: https://www.anytimefitness.co.jp/akb/

totop