機械学習で進化するファンコン装備。NZXTの新作PCケース「H」シリーズの国内発売が決定

2017.11.10 12:00 更新

2017.11.10 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

NZXT(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2017年11月9日(木)、秋葉原において「NZXT 2017年秋新製品発表会」を開催。今後発売予定のPCケース「H700i」「H400i」「H200i」の3モデルと、ファンコントローラー「Grid+ V3」を公開した。

究極のファンコンを備える新作PCケースが3モデル

登場したのは、いずれも剛性の高いスチール筺体に左サイド強化ガラスパネルを採用するPCケース「H」シリーズ。E-ATXまで対応するミドルタワー「H700i」を筆頭に、MicroATX対応のミニタワー「H400i」、Mini-ITX対応の「H200i」をラインナップ。グローバルでは、ブラック/ホワイト、ブラック、ブラック/レッド、ブラック/ブルーの4色が用意されるが、国内ではブラック/ホワイトとブラックの2モデル展開。その他のカラーについては「販売店の要望次第では導入を検討していく」としていた。 

20171110_nzxt_1024x768_03
ミドルタワー「H700i」。外形寸法は、W230×D494×H516mm、重量12.27kg。予想実売価格は税抜27,500円前後(11月15日発売予定)

NZXTといえば、フラットデザインでシンプルなフロントパネルを採用するPCケースの元祖といえるメーカー。今回発表された3モデルも、オープンベイはもちろん各種スイッチやアクセスポート類を一切持たない、ひと目でそれと分かるデザインだ。

国内展開は、まず「H700i」が11月15日(水)に販売開始。そのほか、2モデルについては12月以降の投入となる。

20171110_nzxt_1024x768_04 20171110_nzxt_1024x768_05
MicroATX対応のミニタワー「H400i」。外形寸法は、W210×D421×H417mm、重量7.6kg。予価未定で発売は2017年12月以降 Mini-ITX対応の「H200i」。外形寸法は、W210×D372×H349mm、重量6.0kg。ブラケットを備え、SFX電源の搭載にも対応する。予価未定で発売は2017年12月以降

基本仕様は、従来のNZXT製PCケースの特徴を受け継いだもの。ボトム部分に電源ユニットと3.5インチシャドウベイを内部に隠せるカバーを設けた二層構造を採用。そのボトムカバーにある2.5インチ専用のクイックリリーストレイは、強化ガラス越しに搭載の様子が分かるようにデザインされている。

20171110_nzxt_1024x768_06
内部の作りはNZXTらしい特徴が健在。ドライブベイを省略し奥行きは短め。デモ機は空冷だが、やはり同社のオールインワン型水冷ユニット「Kraken」シリーズがよく似合いそうだ
20171110_nzxt_1024x768_10 20171110_nzxt_1024x768_11
標準でLEDストリップバーを装備。さらに任意の場所に取り付けできるLEDストリップも1本付属する。もちろんこれらはLEDコントローラーで制御できる

マザーボードトレイの右側には、お馴染みの各種ケーブル類を隠すためのケーブルバーを装備。また、右サイドのケーブルマネジメント機構には、多数の誘導ガイドと面ファスナーが用意されている。初心者でもケーブルを誘導ガイドに沿わせて面ファスナーで固定するだけで、キレイな配線を可能とする。そのほか、詳細スペックについては、グローバルリリースを参照していただきたい。

20171110_nzxt_1024x768_07
右サイドの裏配線スペース
20171110_nzxt_1024x768_08 20171110_nzxt_1024x768_09
ケーブルマネジメント機構は秀逸で、ケーブル類の通り道を考慮して設計されている。見栄えを重視するNZXTらしいギミックだ
totop