【コレオシ Vol.1528】好機到来。ASRockのハイエンドマザーボードが大きく値下がり

2017.09.13 00:00 更新

2017.09.13 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

本日のコレオシは、TSUKUMO eX.4階、CPU・マザーボードフロアからスタッフのYさん。9月に入りIntel 200シリーズチップセット搭載マザーボードがガツンと値下がり。中でも人気のASRock「Z270 Taichi」がお買い得だという。

Vol.1528 ~TSUKUMO eX. Yさん
ASRock「Z270 Taichi」 売価税抜25,700円
http://www.gdm.or.jp/review/2017/0217/194952/

9月に入ってからというもの、メーカーを問わずIntel 200シリーズチップセット搭載マザーボードの多くが値下がり。特にハイエンドモデルは下げ幅も大きく、驚くような価格になっているんですよ。

20170913_kore_1024x768c

今回注目してほしいのはASRock。当店でも人気のブランドですが、中でも売れ筋No1.のIntel Z270搭載モデル「Z270 Taichi」が数千円の値下がり。現在、税抜25,700円で販売中です。デジタル制御の12フェーズ回路やNVMe SSD対応の「Ultra M.2」を3スロット装備するなど、メインストリーム向けハイエンドに位置づけられる製品。十分メインマシンのマザーボードとして活躍してくれます。

20170913_kore_1024x768d
基板には太極図をモチーフにしたロゴが大きくデザインされるお馴染み「Taichi」シリーズ

さらに、Kaby Lake-Sの最上位モデル「Core i7-7700K」も、先週末から大きく値を下げています。同時購入なら2,000円引きも適用されるため、合わせて購入するのがオススメです。

20170913_kore_1024x768e 20170913_kore_1024x768f
Kaby Lake-S対応マザーボードとして人気の「Z270 Taichi」は、今後数年にわたり使えるハイエンド仕様

「Z270 Taichi」はオールマイティに使えるマザーボードですが、個人的に気になっているのが“超大型空母”の異名を持つ全部入りモデル「Z270 SuperCarrier」。約50,000円だったハイエンドモデルが、10,000円以上値下がり。なんと税抜36,980円で販売しています。

Aquantia製5ギガビットLANや帯域幅40GbpsのThunderbolt 3を2ポート備えるなど、まさにスーパーなスペック。こちらの在庫は少ないので、早めに買わないと完売必至です。

20170913_kore_1024x768g 20170913_kore_1024x768h
4-Way SLIやAquantia製5ギガビットLAN、3基のUltra M.2スロットを搭載する「Fatal1ty Z270 Professional Gaming i7」は税抜29,800円 ASRock製Intel 200シリーズチップセット搭載マザーボードの頂点に位置する「Z270 SuperCarrier」も税抜36,980円まで値下がりした

文: エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi
TSUKUMO eX.: http://www.gdm.or.jp/shop/tsukumoex/
ASRock: http://www.asrock.com/

totop