気持ちよく押せるメカニカルスイッチの「USBフットスイッチ」発売。設定はオンボードメモリに保存可

2017.09.08 11:35 更新

2017.09.08 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

キーボードやマウスなどの機能を割り当てて足で入力できる、USBフットスイッチの新製品がルートアールから発売。取り扱っているのはテクノハウス東映で、3連タイプのUSBフットスイッチ「メカニカルスイッチ搭載 USBフットペダルスイッチ 3ペダル グレー」(型番:RI-FP3MG)が税込4,280円、シングルタイプ「メカニカルスイッチ搭載 USBフットペダルスイッチ 1ペダル グレー」(型番:RI-FP1MG)が税込2,480円で販売されている。

久しぶりに登場のフットスイッチ。3ペダルとシングルペダルの2モデル

03_RI-FP3MG_RI-FP1MG_1024x768
各スイッチに機能を割り当て、足で操作できる「USBフットスイッチ」の新製品がルートアールから発売された

キー操作を足で行える、USBフットスイッチの新製品が久しぶりに登場。今回の製品はオンボードメモリが内蔵され、設定内容を本体に保存できる。入力時にソフトウェアの起動や常駐が不要なほか、別のPCに接続した際も設定変更いらずでそのまま使用可能だ。

付属の専用ソフトウェアでは、キーボードとマウス、文字列、マルチメディアキー、ゲームパッドの機能割り当てに対応。設定済みのスイッチ複数台を同じPCに接続し、違う操作を割り当てることもできる(同時押しには非対応)。

04_RI-FP3MG_RI-FP1MG_1024x768 05_RI-FP3MG_RI-FP1MG_1024x768
コネクタ部分にメモリを内蔵。専用ソフトの設定内容を本体に保存できる。PC側からはUSBキーボードのように認識されるため、異なる設定のフットスイッチを同時接続して使用することもできる
06_RI-FP3MG_RI-FP1MG_1024x768 07_RI-FP3MG_RI-FP1MG_1024x768
スイッチには、押した感触と入力音が明確に分かる“メカニカルスイッチ”を採用している

各ペダルのスイッチには、「メカニカルスイッチ」(正確にはマイクロスイッチと大型スプリング)を採用。明確なクリック感とクリック音が発生することで、より正確な操作が可能となっている。なお、動作力は11Nとされる。

外形寸法と重量は、3ペダルモデルがW375×D140×H40mmで約360g、1ペダルモデルがW61×D100×H38mmで約118g。接続インターフェイスはUSBで、ケーブル長はそれぞれ1.7mだ。メーカー保証は3ヶ月間。

08_RI-FP3MG_RI-FP1MG_1024x768 09_RI-FP3MG_RI-FP1MG_1024x768
ラインナップは3ペダルのほか、リーズナブルな1ペダルタイプを加えた2モデルだ

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
製品情報(RI-FP3MG): http://route-r.co.jp/?p=3121
製品情報(RI-FP1MG): http://route-r.co.jp/?p=3102
テクノハウス東映: http://www.gdm.or.jp/shop/tech-toei/

totop