【懐かしのPCパーツ図鑑】Vol.049 元サイリッカー?が語るSocket370対応「Cyrix III 667MHz」の思い出

2017.06.19 00:00 更新

2017.06.19 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 自作派たちの周りで発掘された、懐かしのPCパーツを紹介する「懐かしのPCパーツ図鑑」。今回はツクモDOS/Vパソコン館のベタランスタッフHさん所有の懐かしいCPU、VIA「Cyrix III 667MHz」だ。

Vol.049 ~ツクモDOS/Vパソコン館 Hさん
懐かしパーツ:VIA「Cyrix III 667MHz」(2001年発売)

http://www.gdm.or.jp/shop/tsukumo-dosv/

「サイリッカー」(当時Cyrix好きの人をそう呼んだ)というわけではありませんが、その当時はCPUを買いまくっていたんですよ。互換CPUの代表格といえば、今はRyzenが絶好調なAMDが有名ですが、当時はCyrixも頑張っていました。

Socket 370対応だった「Cyrix III 667MHz」は、シリーズの中でもVIAに買収された後期のほうですね。Socket 7の互換CPUだった「M II 333-GP」から使ってきた身としては、VIAのロゴが大きく入った「Cyrix III」には何となく違和感を覚えたものです。それでもApolloなどチップセットも手掛けていたため、両者をVIAで揃える事ができました。

「Cyrix III 667MHz」。FSBクロック133MHz×5で動作。バルク版と写真のリテール版で「VIA」ロゴのサイズが異なった(スタッフH氏)らしい

その後「Cyrix」ブランドは消滅。「C3」シリーズになり、パッケージに丸い缶を採用して話題になるなど、完全なネタ扱いになっていきましたね。Intel、AMD以外に第3の選択肢があったという意味では楽しい時代でした。

90年代に発売された「M II 333-GP」。FSBクロックは83MHz×3で、実質249MHzで動作

文: エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi
ツクモDOS/Vパソコン館: http://www.gdm.or.jp/shop/tsukumo-dosv/
VIA Technologies: http://www.viatech.com/ja/

totop