最大3台のスマホと同時接続できる、ワイヤレスのデジタル顕微鏡が発売

2017.05.19 10:00 更新

2017.05.19 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 無線LANで複数台のスマートフォン・タブレットと接続できる、ワイヤレスのデジタル顕微鏡「UK-04」がミヨシから発売。東映ランドにて税込32,184円で販売が始まっている。

倍率は最大100倍。複数端末で映像を共有できるスマホ対応の顕微鏡

スマホ・タブレットに対応する、無線LAN接続のデジタル顕微鏡。最大5m離れた場所から、最大3台までの同時接続が可能となっている

肉眼では見えないミクロの世界をスマートフォン・タブレットで観察できる、無線LAN対応のデジタル顕微鏡。最大3台の同時接続に対応した製品で、それぞれ最大5m離れた場所から、ワイヤレスで顕微鏡の映像を確認できる。

130万画素カメラを内蔵、撮影品質は1,280×960ドット(25fps)。倍率は25倍と100倍の2パターン切り替えに対応するほか、暗所での撮影向けに輝度調整可能な8灯の白色LEDを備える。

印刷・塗装物の状態確認や、昆虫・植物などの観察に。倍率は25倍と100倍の2パターンを切り替えて使用できる

無線LANは802.11b/g/nに対応。iOS・Android向けの専用アプリが用意され、iOS 5.0以降、Android 4.0.3以降の端末で使用できる。1,200mAhの内蔵バッテリーで動作し、連続使用は約1時間ほど。定点観測や固定に便利な専用スタンドが付属する。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
東映ランド: http://www.gdm.or.jp/shop/2013/0828/42349

totop