コストパフォーマンス抜群の強化ガラス採用ミニタワーケース、In Win「301」発売開始

2017.04.28 19:07 更新

2017.04.28 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 In Win Development(本社:台湾)より、強化ガラスパネルを採用するミニタワーPCケース「301」シリーズの発売が開始された。カラーはブラックとホワイトの2色で、販売価格は税抜9,980円。

ツールフリーで着脱できるプッシュロック式強化ガラスパネルを採用

301シリーズ 販売価格税抜9,980円(発売中)
IW-CF07B 301-Black/IW-CF07B 301-White
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2017/0418/203888

3mm厚の強化ガラスサイドパネルを採用するミニタワーケースIn Win「301」の販売が、本日4月28日よりアキバ店舗で一斉にスタート。カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色で、フロントロゴ部分には前者がレッドLED、後者がブルーLEDを備える。

フロントパネルのロゴ部分にはLEDライティングギミックを搭載 ミドルタワー「303」(画像左)と比べると「301」(画像右)はかなりコンパクト

以前詳細検証をお届けしたミドルタワーモデルIn Win「303」の弟分にあたる製品で、サイドの強化ガラスパネルはツールフリーで着脱できるプッシュロック式を採用。筐体は1.2mm厚のスチール製で、剛性も十分。細部の仕上げも良く、実際にパーツショップ店員の評判も上々だ。

サイドの強化ガラスパネルはプッシュロック式のためツールフリーで着脱できる

ドライブベイは2.5インチ/3.5インチシャドウベイ×1、2.5インチシャドウベイ×2。冷却ファンはオプションで、フロント120mm×2、リア120mm×1、ボトム120mm×2を搭載可能。なおフロントは240mm、リアは120mmサイズのラジエターにも対応する。

シャシーは1.2mm厚のスチール製。1万円前後のケースとしては質感もかなり良い

I/OポートはUSB3.0×2、HDオーディオ端子を搭載。拡張スロットは4段で、グラフィックスカードは奥行330mm、電源ユニットは奥行160mm、CPUクーラーは全高158mmまで。対応フォームファクタはMicroATX、Mini-ITX、外形寸法は、W188×D370×H365mm、重量6.57kg。

電源ユニットはトップ配置で、冷却ファンは120mm×5を搭載できる

取材時点で販売を確認したのは、パソコンショップアークツクモパソコン本店TSUKUMO eX.ツクモDOS/Vパソコン館ドスパラ パーツ館パソコン工房秋葉原BUYMORE店で、価格はいずれも9,980円。強化ガラスモデルとしては安価なことから、ミニタワーモデルの定番になるのではとの声も多く聞かれた。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi / 池西 樹
In Win Development Inc.: http://www.inwin-style.com/

totop