Palitブランド初のSSD「UVS Series」がドスパラ パーツ館で販売開始

2017.04.19 12:20 更新

2017.04.19 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
SSD

 NVIDIA製グラフィックスカードを得意とするPalit Microsystems(本社:香港)から、初のSSD製品となる「UVS Series」が登場。ドスパラ パーツ館で販売が開始された。容量は120GBで、価格は税込6,180円。

TLC NANDフラッシュを採用するコストパフォーマンスモデル

UVS Seriesシリーズ(発売中)
UVS10AT-SSD120(120GB) 販売価格税込6,180円
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2017/0328/201347

今回ドスパラ パーツ館で販売が開始された「UVS Series」は、Palitブランド初のSSD。容量は120GBで、価格は税込6,180円とこのクラスとしては安価なのが特徴だ。

フォームファクタは7mm厚の2.5インチで、インターフェイスはSATA3.0(6Gbps)。コントローラはPhison「S3111-S11」、NANDフラッシュはTLC NANDフラッシュを採用し、32MB
のDRAMキャッシュを搭載する。

転送速度はシーケンシャル読込最高560MB/sec、書込最高375MB/sec、ランダム4K読込最高24MB/sec、書込最高109MB/sec、ランダム4K QD32読込最高280MB/sec、書込最高310MB/secで、TRIM、ガーベッジコレクション、S.M.A.R.Tに対応する。

消費電力は読込時1.3W、書込時1.9W、アイドル時0.3W、スリープ時5mW。外形寸法は、W69.8×D100×H6.8mm。なお「UVS Series」の容量違いや、上位モデル「GFS Series」についても順次取り扱いが開始される予定だ。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi / 池西 樹
Palit Microsystems: http://www.palit.biz/
ドスパラ パーツ館: http://www.gdm.or.jp/shop/dos/

totop