MSIが満を持して投入するGAMINGデスクトップPCの第1弾「Trident 3」発表会レポート

2017.03.30 12:13 更新

2017.03.30 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI/本社:台湾)は2017年3月29日、GAMINGデスクトップPCの日本市場参入を発表。国内メディア向けに行われた製品説明会では、第1弾として投入される、コンソールサイズのVR対応モデル「Trident 3」をはじめとした新製品が紹介された。

縦横置き両対応の小型ハイエンドデスクトップPC

MSI「Trident 3」
売価税込198,000円(4月下旬~5月上旬発売予定)

http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2017/0329/201513

国内向けのゲーミングノート市場において、近年シェアを拡大しているMSI。次なるターゲットはゲーマー向けデスクトップPC市場だ。

その記念すべき第1弾モデルとして用意されたのが、小型軽量でコンシューマ向けのゲーム機を彷彿とさせるデザインの「Trident 3」だ。

縦横置き両対応の本体は、外形寸法がW346.25×D232.47×H71.83mm(横置き時)、重量3.17kg。容量4.72リットルの内部には、CPUにCore i7-7700を搭載したMini-ITXマザーボード(Intel H110)が採用され、冷却システムにCPUとGPUのエアフローを分離する「Silent Storm Cooling」機構を備えている。

注目のグラフィックスカードには、4月に単体発売が予定されているデスクトップ向け「GEFORCE GTX 1060 AERO ITX 6G OC」を搭載。カード長175mmのショートサイズで、小型ケースにはこれ以上ない最適なチョイスだ。

φ8mmの銅製ヒートパイプを備えた大型ヒートシンクを組み合わせた高冷却クーラーを搭載。50℃以下ではファンの回転を停止する「ZeroFrozr」もサポート

その他主なスペックを確認しておくと、DDR4 16GB(8GB×2枚)メモリ、1TB HDD、NVMe対応M.2 SSD 128GBを搭載。ネットワークはIntel I219VチップのギガビットLANとIntelのデュアルバンド対応無線LAN、Bluetooth 4.2が装備される。

さらにUSB Type-Cをはじめとした豊富なインターフェイスを用意。フロントポートには「HTC Vive」などのVRヘッドセットを接続できるHDMI出力ポート「VR Port」を備える。OSはWindows 10 Home。付属のACアダプタは230Wタイプとなっていた。

フロントに並ぶ最新インターフェイス類 DELTA製230W ACアダプタが付属。それほど大きくはないので邪魔になることはなさそうだ

なおマザーボードおよびグラフィックスカードに続き、GAMINGデスクトップPCの正規代理店を担当するのは株式会社アスク(本社:東京都千代田区)。担当者に話を聞いたところ「GeForce GTX 1060標準搭載で、20万円を切る税込198,000円とした点がポイント」とのこと。ショップバイヤーからの反応も上々という。

さらにホワイトの「Arctic」カラーを採用した限定版「Trident 3 Arctic」も用意されている。グラフィックスカードがGeForce GTX 1070搭載の「GEFORCE GTX 1070 AERO ITX 8G」に強化されているのが特徴。魅力的なスペックながら「通常版と比べると価格は上がる」(株式会社アスク)とのことで、今後の価格設定次第で国内投入が決まりそうだ。


 

斜めデザインが特徴的なハイスペックゲーミングPC

VR対応のハイスペックゲーミングPC「Aegis Ti3」「Aegis X3」も公開された。MSIの人気グラフィックスカード「GeForce GTX 1080 GAMING X 8G」を標準搭載するほか、CPUの冷却を水冷仕様とした豪華スペックが自慢。「Aegis Ti3」においては、さらにSLI構成とするなど、そのモンスターぶりは会場でも注目を集めていた。

グラフィックスカードを垂直配置する事でスロットにかかる負担を軽減するという
「Aegis Ti3」で採用される「Silent Storm Cooling 3 Pro」。CPUを水冷化し、内部を3つの独立区画に分離。3基のファンを配置し排熱することで静音性も実現した 2基のM.2 SSDおよびメモリにはサーマルパッドを備えた専用カバーを装着

グラフィックスカードは、「GeForce GTX 1080 Ti GAMING X 11G」のリリースが近く控えていることから、スペックを見直したうえで国内市場への投入タイミングを図るとのこと。いずれにせよ「Aegis Ti3の価格は軽自動車並みだろう(笑)」とのことで、スペックおよび価格ともに極限られたエンスージアスト向けの製品となるようだ。

「GeForce GTX 1080 GAMING X 8G」シングル仕様の「Aegis X3」

文: エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi
エムエスアイコンピュータージャパン株式会社: https://jp.msi.com
株式会社アスク: http://www.ask-corp.co.jp/

totop