「NCASE M1」よりもさらに小型化。DAN Casesのアルミ製Mini-ITXケース「A4-SFX」が届きました

2017.03.20 00:00 更新

2017.03.20 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 NCASEブランドのMini-ITXケース「NCASE M1」よりもさらに小さいという、独DAN CasesブランドのMini-ITXケース「A4-SFX」がアキバに登場。ただし、現時点では販売予定がないサンプル状態。某代理店関係者が個人的に輸入したという代物だ。

  • 某代理店関係者のS氏

「NCASE M1」のほぼ半分、容量わずか7.25リットルという驚異のサイズ

DAN Cases「A4-SFX」 直販価格230ユーロ(発売中)
https://www.dan-cases.com/dana4.php

発売されるがいなや、Mini-ITX対応ケースとしては異例のヒット作となったNCASEブランドのMini-ITXケース「NCASE M1」。そんな「NCASE M1」国内デビューの仕掛け人となった某代理店関係者のS氏が、昨年より個人的に注文をしていた、独DAN CasesブランドのMini-ITXケース「A4-SFX」が今週届いた。早速パーツを組み込んだサンプルを見せて頂こう。

DAN Cases「A4-SFX」
「NCASE M1」(右)との比較

「A4-SFX」は、自作市場で好評だった「NCASE M1」よりもさらなる小型化を目指し、クラウドファンディング「Kickstarter」でプロジェクトがスタートしたMini-ITXケース。2016年3月に受付が始まると、わずか数日で目標額を達成。S氏いわく「昨年6月にカード決済され、ようやく3月14日(火)に製品が届いた」という。

独在住のダンさんが作ったから「DAN Cases」らしい 最終的には1,530名が購入。日本向けには57台が出荷されているようだ

内部は、中央で2分割されるチャンバー構造を採用。右側は電源ユニットやマザーボード、左側はグラフィックスカード搭載エリアとしている。
 極力余分なスペースをそぎ落とし小型化を図った印象だが、グラフィックスカードには、ASUSのSTRIXシリーズやMSIのTwin Frozrシリーズといったハイエンドモデルが搭載できるよう設計。マザーボードとグラフィックスカードを接続する付属のライザーケーブル(300mm)は、プロジェクトに協力した3Mが手掛けている。

電源ケーブルはフロントを通り、ボトム側からリアへ通す
電源ユニットはDiracの「TESLA CUBE SFX」。マザーボードはMSI製で、CPUクーラーは高47mmのCRYORIG製「C7」 長さ約300mmのMSI製「GTX 980 GAMING 4G」を搭載。2スロット厚であれば、大抵のグラフィックスカードは搭載できる

メッシュ仕様の両サイドパネルは、「NCASE M1」で採用されたツールレスではなくネジ留めを採用。これには理由があり、不快な振動によるビビリ音防止に加え、ギリギリまで詰め込んだケーブルの圧力により、プッシュピンだけでは外れてしまう可能性があるためだという。

両サイドパネルはプッシュピン+ネジ留め。ボトム部分には4カ所にゴム足を備えている

シンプルなデザインの本体の製造は、Lian Liが担当。素材には1.5mm厚のアルミニウムが採用される。なお外形寸法はW114×D318×H200mm、重量は1.25kg。ドライブベイレイアウトは2.5インチシャドウベイ×3(ボトム部/7mm厚)で、冷却ファン搭載スペースは用意されていない。

また、各有効スペースは、グラフィックスカードが奥行き295mmまで(高さは144mmまで)、CPUクーラーは高さ48mmまで、電源ユニットはSFX/SFX-L規格に対応する。

こうなると気になるのが、国内販売の可能性だ。同様のコンセプトだった「NCASE M1」を販売した経験を活かし、どうにか取り扱う方向で、今後調整していきたいという。サイドパネルのアクリル化や、フロントUSBを3.1に対応させるオプションもあるようで、それらを含めた国内デビューに期待したいところだ。

マニュアル記載のSpecial Thanksの欄にはLian Liや3Mといった名前も確認できる

文: エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi
DAN Cases: https://www.dan-cases.com/

totop