【店長ナカジマのレアモノPickup! Vol.063】どこにでもモバイルできる!サイコロ型の「指でつまめるプロジェクター」がキュート

2017.02.26 00:00 更新

2017.02.26 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 アキバのど真ん中にあるサンコーレアモノショップ秋葉原総本店店長の中島さんが、おもしろグッズや気になるアイテムを紹介してくれる「レアモノPickup!」。今回は、コンパクトでキュートなサイコロ型プロジェクター「指でつまめるミニDLPプロジェクター」が登場します。どこにでも持ち歩けて、電源レスでどこでも使えますよ。

指でつまめるミニDLPプロジェクター 限定売価税込14,800円
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2017/0220/197067

アキバの真ん中で、おもしろ雑貨やお役立ちなガジェットが買えちゃうサンコーレアモノショップにようこそ!店長の中島です。今回ご紹介するのは、モバイルできる超コンパクトなプロジェクター!その名も「指でつまめるミニDLPプロジェクター」というアイテムで、この間発売された期待の新モデルです。以前にiPhoneと合体するタイプをご紹介したことがありましたけど、今回のモデルはさらに小さくてキュート!どこにでも気軽に持ち歩けます。

指でつまめる、という名前がピッタリなモバイルプロジェクターが今回の主役。超コンパクトなサイコロ型筐体がキュート、でも実用性もバッチリ備えた期待の新モデルなんです

使い方は、(動画や画像を入れた)microSDを入れて再生するだけと、とっても簡単です。内蔵バッテリーで動く充電式なので、電源がない場所でもスクリーン代わりになるものさえあれば、どこでも使えます。バッテリーだけで1時間は動きますので、出先でちょっとしたプレゼンに使うにはピッタリですね!

投影方式は、コントラストが高くてなめらかに投影できるDLP方式。こんなサイズなのに、最大51インチの大画面を投影することができるんです。明るさは30ルーメンとちょっと控えめですけど、明るい店内でも映像の文字が読み取れるレベル。照明を落とすか暗めな場所なら、さらに鮮明な映像が楽しめますよ。

さすがに明るい店内では厳しいけど、それでもちゃんと文字が読み取れるくらいに鮮明。バッテリー駆動なので、microSDメディアを入れて電源をつければ、どこでも使えます

ちなみに内蔵バッテリーだけでなくUSB給電にも対応しているので、ちょっと長めな動画を再生したい時も安心です。動作には2A以上の出力が必要になるんですけど、その条件をクリアすればモバイルバッテリーでもOK!せっかくここまで小さいサイズなので、自宅で使うより外に持ち出して使ってみることをオススメします。ちょうど今週末は“お試し特価”でお買い得になっていますので、まずは店頭でチェックしてみましょう!

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
サンコーレアモノショップ秋葉原総本店: http://www.gdm.or.jp/shop/thanko/

totop