メモリスロット流用の独自M.2拡張カードが面白い、ASUSのOC向けマザー「ROG MAXIMUS IX APEX」登場

2017.02.24 13:07 更新

2017.02.24 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 オーバークロック性能に優れた、ASUSのIntel Z270搭載マザーボード「ROG MAXIMUS IX APEX」が発売。アキバのパーツショップ各店で販売がスタート、価格は税込42,984円だ。

メモリスロットはあえて2本、信号品質を向上させ高クロック動作に対応

ASUSがオーバークロッカー向けにリリースした、E-ATX対応のKaby Lakeマザーボード「ROG MAXIMUS IX APEX」。OC制御機能が充実しているほか、メモリ周りに印象的な独自機能を備えている

先週に国内向け取り扱いがリリースされていた、ASUSのオーバークロッカー向けLGA1151マザーボード「ROG MAXIMUS IX APEX」が販売開始。チップセットはIntel Z270を搭載、フォームファクタはE-ATXを採用する。

通常のM.2スロットを搭載しない代わりに、メモリスロットを流用した独自スロットと専用拡張カード「DIMM.2」が付属するユニークな仕様が特徴。「DIMM.2」には表裏1枚ずつ計2枚のM.2 SSDを実装可能で、一般的なメモリ用クーラーで冷却することができる。

また、あえてメモリスロットを2本に減らすことで高クロックメモリに対応するなど、メモリ周りの独自機能が目立つ。配線間のノイズ干渉を最小限に抑えて信号品質を向上させることで、4,266MHzの高クロック動作を正式サポートしている。

通常のM.2スロットではなく、メモリスロット流用の独自スロットを利用した拡張カード「DIMM.2」でM.2を増設する仕様。SSDは表裏に合計2枚搭載できる
メモリスロット横に実装されている、ブラックの「DIMM.2」用スロットを使用。メモリ用クーラーを装着して、両面の2枚を強力に冷却できるというメリットがある
E-ATX対応の大型マザーボードながら、メモリスロットはあえて2本。信号品質を向上させて、最大4,266MHzの高クロックメモリを正式サポートする 拡張スロットは、主要3スロットに補強を施したPCI-Express3.0(x16)×4など。SLI/CrossFire Xもサポートしている

また、オーバークロック関連の制御を行う3つのカスタムチップを実装するなど、オーバークロッカー向け機能が充実。過酷な環境でも動作する特別設計のデジタル電源回路「Extreme Engine Digi+」を備え、液体窒素等を使用した極冷オーバークロックでも最大限のパフォーマンスが発揮できる。

その他の主な仕様は、ストレージがSATA3.0(6Gbps)×4を実装。拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×4、PCI-Express3.0(x1)×2を備え、マルチグラフィックスは2-Way NVIDIA SLIまたは、4-Way AMD CrossFire Xに対応する。

バックパネルには、CMOSクリアスイッチやBIOフラッシュバックスイッチを実装。USB3.1 Type-A/Type-Cポートも備える こちらはイルミネーション機能をカスタマイズできるプレートで、4枚が同梱されている

入荷を確認したショップは、パソコンショップアークドスパラ パーツ館ツクモパソコン本店ツクモDOS/Vパソコン館TSUKUMO eX.の各店。いずれも在庫はそれなりの数が用意されているようだ。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
ドスパラ パーツ館: http://www.gdm.or.jp/shop/dos/
ツクモパソコン本店: http://www.gdm.or.jp/shop/tsukumo/

totop