電源レスで使える。大容量バッテリー内蔵のキーボード一体型PC「キーボードPC II」アキバに登場

2017.02.03 17:56 更新

2017.02.03 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket

 6,000mAhの大容量バッテリーを内蔵する、テックウインド株式会社(本社:東京都文京区)のキーボード一体型PC「キーボードPC Ⅱ」(型番:WKA-W10HBK)がアキバに登場。本日より販売が開始された。

ジェスチャー操作対応の大型タッチパッドも標準装備

「キーボードPC Ⅱ」は、その手軽さから好評を博したテックウインドのキーボード一体型PC「キーボードPC」の後継モデル。ユーザーから特に要望が多かったという6,000mAhの大容量バッテリーを内蔵し、ディスプレイさえ確保できれば、場所を選ばず使用できるのが特徴だ。

スペック的には、エントリークラスのWindowsタブレットとほぼ同等。バッテリー容量は6,000mAhで、6時間駆動に対応する

プロセッサもIntel Atom Z3735F(4コア/定格1.33GHz/バースト時1.83GHz/キャッシュ2MB)から、Intel Atom x5-Z8300(4コア/定格1.44GHz/バースト時1.84GHz/キャッシュ2MB)へアップグレードされ、グラフィックスを中心に性能が向上。またタッチパッドサイズも大型化され、操作性も大幅に改善されている。

2ポートのフルサイズUSB(USB3.0/2.0)やカードリーダーに加え、サウンド機能も完備

主なスペックは、メモリがDDR3L 4GB、ストレージは32GB eMMC、インターフェイスはUSB3.0×1、USB2.0×1、ヘッドホン×1、HDMI×1、D-Sub×1、microSD×1で、ステレオスピーカーとマイク機能を内蔵。ネットワークは10/100Base-T有線LAN、IEEE 802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0に対応する。

大型化されたタッチパッド。ジェスチャー操作にも対応する

キー配列は82キー日本語独自配列、バッテリー駆動時間は約6時間、充電時間は約7時間。外形寸法は、W321.46×D26.6×H115mm、重量約560g。OSはWindows 10 Home 64bit版がプリインストールされる。

パッケージサイズはW355×D57×H144mm。なお製品には5V/3A対応のACアダプタが付属

販売ショップはパソコンショップアーク(税込26,784円)とテクノハウス東映(税込26,780円)で、パソコンショップアークでは実機の展示も行われている。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi / 池西 樹
テックウインド株式会社: https://www.tekwind.co.jp/
パソコンショップアーク: http://www.gdm.or.jp/shop/ark/

totop