コンシューマ向け最速NVMe SSD、Samsung「SSD 960 PRO/EVO」登場~入荷数は極少量~

2016.12.16 20:00 更新

2016.12.16 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
SSD

 最新V-NANDと「Polaris」コントローラを搭載する、Samsung製NVMe SSD「SSD 960 PRO / EVO」シリーズの店頭販売がスタート。今回入荷したのは「SSD 960 PRO」が512GB、「SSD 960 EVO」が500GBと1TBの計3モデル。

3.0GB/secオーバーを実現した超高速NVMe SSDが遂に登場

SSD 960 PROシリーズ(発売中)
MZ-V6P512(512B) 市場想定売価税込40,000~43,000円前後
SSD 960 EVOシリーズ(発売中)
MZ-V6E1T0(1TB) 市場想定売価税込60,000円前後
MZ-V6E500(500GB) 市場想定売価税込30,000円前後
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2016/1212/188714

コンシューマ向けでは現行最速のNVMe SSD、Samsung「SSD 960 PRO / EVO」シリーズがアキバ店頭に登場。本日16日(金)より一斉に販売が開始された。フォームファクタはいずれもM.2 2280、インターフェイスはPCI-Express3.0(x4)で、PCB基板に「Heat Spreading Label」と呼ばれる銅箔層を組み込むことで、発熱を抑えるよう工夫されている。

SSD 960 PRO

「SSD 960 PRO」は、Samsungオリジナル5コアIC「Polaris」と、高品質・高速なMLC V-NANDを採用する上位モデル。容量ラインナップは512GB、1TB、2TBの3モデル展開だが、今回入荷を確認したのは512GBのみとなる。

転送速度は、シーケンシャル読込3,500MB/sec、書込2,100MB/sec、ランダム読込330,000 IOPS、書込330,000 IOPS。書込耐性は400TBW、MTBFは150万時間で、製品保証は5年間。外形寸法は、W80.15×D2.38×H22.15mm。

SSD 960 EVO

「SSD 960 EVO」は、「Polaris」コントローラと大容量・低価格なTLC V-NANDを採用する下位モデル。容量ラインナップは250GB、500GB、1TBの3モデル展開だが、今回入荷を確認したのは500GBと1TBの2種。

転送速度は、500GBモデルがシーケンシャル読込3,200MB/sec、書込1,800MB/sec、ランダム読込330,000 IOPS、書込330,000 IOPS、1TBモデルがそれぞれ3,200MB/sec、1,900MB/sec、380,000 IOPS、360,000 IOPS。書込耐性は200TBと400TB、MTBFは150万時間で、製品保証は3年間。

販売ショップはパソコンショップアークオリオスペックツクモパソコン本店(MZ-V6E500(500GB)のみ)、TSUKUMO eX.(同)、ツクモDOS/Vパソコン館(同)、パソコン工房秋葉原BUYMORE店で、ドスパラ パーツ館でも明日17日(土)から発売開始。在庫はいずれも極少量で、その他の容量については今のところ22日(木)に入荷する予定とのこと。

文: GDM編集部 Tawashi / 池西 樹
日本サムスン株式会社: http://www.samsung.com/jp/

totop