【アキバ入荷情報】扱い易さ向上。Thermaltakeの新オープンフレームケース「Core P3」発売開始

2016.07.29 10:37 更新

2016.07.29 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket

COMPUTEX TAIPEI 2016にてお披露目された、Thermaltake(本社:台湾)の新作オープンフレームケース「Core P3」シリーズの発売が、予定通り本日29日よりスタート。カラーはブラックとホワイトの2色で、価格は前者が税抜14,980円前後、後者が税抜15,980円前後だ。

壁掛けがより現実的に。一回り小さくなったオープンフレームケース

Core P3シリーズ(7月29日発売)
Core P3(型番:CA-1G4-00M1WN-00 / ブラック)
市場想定売価税抜14,980円前後
Core P3 Snow Edition(型番:CA-1G4-00M6WN-00 / ホワイト)
市場想定売価税抜15,980円前後
http://www.gdm.or.jp/crew/2016/0602/164656
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2016/0725/171781
http://www.gdm.or.jp/crew/2016/0725/171710

壁掛け対応のオープンフレームケースThermaltake「Core P5」の弟分となる「Core P3」シリーズの国内発売が本日29日より、いよいよ開始される。

表側はオールアクリルパネル仕様のため、実装したコンポーネントを“魅せるPC”を構築できる

平面に構成パーツを並べる斬新なレイアウトと、前面にアクリルパネルを採用する“魅せる”スタイルはそのままに本体サイズをコンパクト化。ホームユースでの扱いやすさを向上させたのが特徴だ。

「Core P5」と並べてみるとサイズの違いは明らか。占有スペースを大幅に削減することができ、よりホームユースが現実的に

本体カラーはブラックとホワイト(Snow Edition)の2色展開。主なスペックはドライブベイが、表側に3.5インチベイ×2または2.5インチベイ×3、裏面に2.5 / 3.5インチシャドウベイ×2、拡張スロットは8段を備え、グラフィックスカードは最長450mmまで。冷却ファンは120 / 140mm×3に対応し、水冷ラジエターは420mmまで搭載できる。

カラーバリエーションはブラック(画像上)とホワイト(Snow Edition / 画像下)の2種がラインナップ

対応フォームファクタはATX、MicroATX、Mini-ITX。I/OポートはUSB3.0×2、USB2.0×2、マイク×1、ヘッドホン×1。外形寸法は、W333×D470×H512mm、重量は10.3kg。なお取材時点で入荷を確認したのは、パソコンショップアークオリオスペックツクモパソコン本店TSUKUMO eX.ツクモDOS/Vパソコン館

文: GDM編集部 Tawashi / 池西 樹
Thermaltake Technology: http://www.thermaltake.com/

totop