Socket AM1に約2年ぶりの新モデル。動作クロック2.2GHzの最上位「Athlon 5370」発売開始

2016.03.25 00:01 更新

2016.03.25 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 AMDの省電力向けプラットフォームSocket AM1に、久しぶりとなる新モデル「Athlon 5370」が登場した。動作クロックを2.20GHzに引き上げたフラッグシップで、本日25日(金)より販売が開始される。

動作クロックが150MHz向上した新フラッグシップAPU

Athlon 5370 販売価格税込6,134円~6,450円(3月25日発売)
http://www.amd.com/ja-jp/products/processors/desktop/athlon
2014年4月に発表されたSocket AM1プラットフォームに、久しぶりとなる新型APU「Athlon 5370」が追加された

TDP25Wの省電力向けプラットフォームSocket AM1に、約2年ぶりとなる新モデル「Athlon 5370」が登場、25日(金)より発売が開始される。これまでと同じ「Kabini」コアを採用するAPUで、コアクロックが「Athlon 5350」の2.05GHzから2.20GHzへと向上しているのが特徴だ。

その他スペックに変更はなく、キャッシュ容量は2MB、内蔵GPUはRadeonコア128基のRadeon R3シリーズで、GPUクロックは600MHz、メモリはDDR3-1600MHzに対応する。

パッケージにも大きな変更はなく、動作クロックが150MHz引き上げられたものと考えて良さそうだ

なお24日(木)取材時点で入荷を確認したのはBUY MORE秋葉原本店(税込6,134円)と、パソコンショップアーク(税込6,450円)。またツクモパソコン本店TSUKUMO eX.ツクモDOS/Vパソコン館(税込6,134円)の3店舗でも25日中に入荷し販売が開始される予定だ。

文: GDM編集部 Tawashi / 池西 樹
日本AMD株式会社: http://www.amd.com/jp/

totop