新生ドスパラ パーツ館が23日に移転・リニューアルオープン!一足先に売り場探検に出かけよう

2016.01.23 01:22 更新

2016.01.23 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket

 株式会社ドスパラ(本社:東京都千代田区)が運営する、自作PCパーツの旗艦店・ドスパラ パーツ館が旧ドスパラ秋葉原別館と統合。いよいよ23日(土)にリニューアルオープンを迎える。大掛かりな「引越しセール」も行われる開店前に、いったいどんなお店に生まれ変わったのか、一足先に覗いて見ようじゃないですか。

デバイス専門店の別館を拡張して統合、以前と変わらないアイテム数を展開

ドスパラ秋葉原店舗の再編により、17日(日)をもって一時閉店していたPCパーツの旗艦店・ドスパラ パーツ館。いよいよ23日(土)に“お引越し”が完了するぞ

アキバのパーツショップでも屈指の有力店であるドスパラ パーツ館。18日(月)から行われていた移転準備を完了させ、いよいよ23日(土)にリニューアルオープンを迎える。新店舗は、11月にゲーミングデバイス専門店として開店したドスパラ秋葉原別館の売り場を拡張する形で、移転・統合。引き続き「ドスパラ パーツ館」の名称で、合計3フロア構成にて営業を行う。

T-ZONE跡地に居を構えていた旧パーツ館から、ゲーミングデバイスの専門店だった旧ドスパラ秋葉原別館を統合する形で移転。周りには、アキバお馴染みの牛丼サンボやサンクスが並んでいる
新しくなったパーツ館は、1~2階でPCパーツを取り扱う。まずはマザーボードがギッシリ並んだ1階から、いざフロア探検に出発しよう

取り扱いの目玉であるPCパーツは、1~2階フロアで展開。フロア面積自体は旧パーツ館から目減りしているものの、「取り扱いアイテムはほとんど変わらない」と品揃えは従来通りだという。

玄関口にエンド棚を構える1階は、メーカー各社のマザーボード製品のほか、カウンターにてCPUやメモリー、ストレージ、OSなどの内蔵パーツ関連を販売する。売り場には50インチディスプレイ×6で構成される、デジタル表示の価格表を設置。売価変更などが行われた場合は、リアルタイムに表示が更新されるという。

1階ではマザーボードや「パーツの犬」の自作PCセット、カウンターで内蔵パーツを販売。玄関口のエンド棚には、K店長がチョイスしたアツいパーツが山盛りで展開されている
売り場面積自体は小さくなったものの、取り扱いアイテムは変わらず旧パーツ館がほぼそのまま引っ越してきた。カウンターは、入り口からまっすぐ進んだフロア奥に設置されている
入り口から向かって右側の壁面に登場した、巨大ディスプレイ表示の価格表。価格が変更された場合はリアルタイムに表示が更新、常に最新の価格をチェックできる
PCパーツは2階に続く。ここではグラフィックスカードやPCケース、電源のほか、冷却パーツや拡張カードなどを販売。1階と一緒に会計したい場合はスタッフに声をかけよう

続いて2階フロアでは、中央の棚にグラフィックスカードを陳列。PCケースや電源ユニット、CPUクーラーやファンなどの冷却パーツが並ぶ。光学ドライブのほか、サウンドカードなどの拡張カードも展開、1階と2階を合わせると一式が組める構成になっている。

2階フロアの中心に設置された棚には、グラフィックスカードを展開する
グラフィックスカードは、メーカー・チップ別に整然と陳列。3分の2はNVIDIA系、AMD陣営は奥の方に陣取っている
PCケースのような、1階に置けない大型製品はこちら。スタッフいわく「売れ筋を中心に、尖ったケースも取り扱う」とのこと。電源ユニットもすぐ隣の棚に並んでいる
水冷含め、CPUクーラーや冷却ファンなど、冷却関連はすべて2階に。現時点では展示が少なめながら、「ホットな物を中心に、可能な限り展示を増やしていく」という。サウンドカードやRAIDカードなど、各種拡張カードも同じフロアで取り扱う
最後は一番上の3階に到着。メインは旧パーツ館でも人気だった上海問屋のフロアになっている

一番上の3階フロアは、旧パーツ館でも常に人だかりができていた、人気の上海問屋が入っている。ただし「上海問屋アイテムがあまりに多すぎた」ために、取り扱いアイテムを分割。新パーツ館の3階のほか、カテゴリを分ける形でドスパラ 秋葉原本店の2階にも上海問屋フロアを設ける。

そのほか、液晶ディスプレイや外付けケース、ケーブルなどのサプライ、入力デバイスなどの周辺機器も3階で販売を行う。なお旧ドスパラ秋葉原別館が扱っていたゲーミングデバイスなどの主要入力デバイスについては、ほぼすべてが近傍のショウルームGALLERIA Loungeにお引越し。試遊や購入もそちらで行うことができる。

3階フロアのほとんどを占める、上海問屋のアイテムたち。ただしそれでも従来のアイテムを収納しきれないため、取り扱い商品はドスパラ 秋葉原本店の2Fと分け合う形で陳列されている
赤いパネルの棚に並んでいるのが、全部上海問屋の商品たち。カメラ関連からカー用品、モバイルアクセに生活雑貨と、とらえどころのないアイテムが迎えてくれるぞ
一方でフロア端では、液晶ディスプレイ各種を販売。旧秋葉原別館の看板商品だった入力デバイスは扱いを縮小、GALLERIA Loungeにすべて統合されることになった
外付けケースやケーブルなどのサプライ品もこちら。1~2階でメインの買い物を終えてからゆっくり選ぼう

新しくなったドスパラ パーツ館は、23日(土)の11:15より開店。当日はリニューアルオープンを記念した「ドスパラ秋葉原引越セール」が行われ、数量限定の特価品が多数用意される。また、23日と24日の両日は計4回のタイムセールも実施予定。気になる特価セールについては、こちらのリリースをチェックしておこう。

23日(土)の11:15にリニューアルオープンする新パーツ館。当日に行われる、特価品満載の「引越しセール」も要チェックだ

文: GDM編集部 絵踏 一
株式会社ドスパラ: http://www.dospara.co.jp/

totop