【COMPUTEX】国内販売予定のモデルも多い、各社の電源ユニットをまとめて画像でチェックしておく

2015.06.11 14:02 更新

2015.06.11 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 COMPUTEXのメイン会場、南港展覧館エリアでは電源ユニットを扱うメーカーが多い。ここでは、開催中にはお伝えできなかった気になる電源ユニットが大集合。多くが国内市場での発売を予定しているそうなので、予習も兼ねてチェックしておこう。

CORSAIR

国内市場でも人気の80PLUS GOLD認証モデル「RM」がCorsair Linkに完全対応した「RMi」シリーズ
650W/750W/850W/1,000Wの4モデルが準備中だ
Mini-ITXベアボーンキット「BULLDOG」に搭載されている専用のSFX電源ユニット「SF600」。今のところ単体での発売予定はない

 

CRYORIG

スマートフォンからシステムの電源をON/OFFできる電源ユニット「CRYORIG Pi」。OEM元はSeasonicで、80PLUS GOLDまたはPlatinumが用意される。なお製品版では、アンテナがより小型化されるとのこと

 

ENERMAX

「DIGITYTAN 1250W」。電源効率94%以上が要求される、80PLUS TITANIUM認証を取得したデジタルPWM対応モデル
「Platimax DS」。フルモジュラー式のコネクタ部が従来モデルと異なりフラットになったのがポイント。550W/650W/750W/850Wの4モデル展開 「REVOLUTION FM」。80PLUS GOLD対応で、こちらもフルモジュラー式のコネクタ部がフラットデザインとなる

 

Seasonic

ファン回転数をLEDカラーで確認できる、80PLUS GOLD認証モデル「Lighting Cube」シリーズ 美しい純白筐体を採用する80PLUS PLATINUM認証モデルの「Snow Silent」シリーズ

 

SilverStone

SilverStone提唱のSFX-L規格対応の700Wモデル「SX700-LPT」。120mmファンを搭載。価格は500Wモデルより少し高い程度を予定している
「Zeus ZUシリーズ」。ソフトウェア上から詳細設定を変更できるデジタル電源の新モデル

 

Thermaltake

80PLUS Silver認証モデル「TR2 S」シリーズ 80PLUS GOLD認証モデル「Smart DPS G」シリーズはソフトウェア制御に対応したデジタル電源だ

文: GDM編集部 Tawashi

totop