【COMPUTEX】白いゲーミングケースにUSB3.1 RAID対応外付けケースの展示もあったSHARKOON

2015.06.11 12:00 更新

2015.06.11 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 例年通りグライドハイアット台北にプライベートブースを構えたSHARKOON Technologies GmbH(本社:ドイツ)。国内市場向けに第3四半期を予定しているという、新作PCケースが展示されていたので紹介しておきたい。

  • ManagingDirectorのJohannesSchneider氏

SHARKOON製では珍しいホワイトカラーのゲーミングケース

ブラックカラーを基調とする製品が主力のSHARKOON製PCケースでは珍しい、ホワイトカラーを採用するのが「BW9000」(仮)だ。国内市場受けをしそうなスッキリとしたシンプルなデザインのATX対応モデルで、パープルカラーのLEDファンが妖しい雰囲気を演出している。

「BW9000」
3.5インチシャドウベイ×3段は取り外しでき、長尺グラフィックスカードの搭載も可能だ
ファンのLEDは妖しい雰囲気のパープルだが、カラーは変更の可能性もあるとか サイドパネルはウィンドウ仕様になっていた

基本スペックは、ドライブベイが5.25インチオープンベイ×2段、3.5インチシャドウベイ×3段(取り外し可能)+2段、2.5インチシャドウベイ×2段を装備。

冷却ファンレイアウトはトップ部に140mm×2基、、リア120mm×1基でいずれもLED発光タイプを採用。トップ部は240mmサイズラジエターに対応している。国内正規代理店である株式会社ディラックの担当者によると「国内登場は9月予定で、予価は税抜13,000円程度」とのこと。

ひっそり展示されていた2.5インチストレージが複数搭載できるUSB3.1(Type-C)対応外付けケース。RAIDもサポートされている

文: GDM編集部 Tawashi
SHARKOON Technologies GmbH: http://www.sharkoon.com/
株式会社ディラック: http://www.dirac.co.jp/

totop