【COMPUTEX】GIGABYTE、F1チームカラーを意識したゲーマー向けハイエンドマザーボードを公開

2015.06.10 09:08 更新

2015.06.10 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 GIGABYTE TECHNOLOGY(本社:台湾)は、今年も一般来場者向けTWTCホール1に加えて、「台北101」36階にメディア向けの特設会場を用意。Intelの正式発表に合わせて公開された、GIGABYTE「100」シリーズマザーボードに注目だ。

オールマイティな次世代コネクタ「Thunderbolt 3」

COMPUTEX初日の2日(火)から、新型CPU“Skylake”対応モデルの展示をいち早くスタートしたGIGABYTEだが、それはあくまで序章に過ぎなかった。3日(水)にIntelから正式発表された、開発コードネーム“Alpine Ridge”こと「Thunderbolt 3」搭載モデルが公開されていたので、最上位モデル「GA-Z170X Gaming G1」を画像を中心に確認しておこう。

メーカー担当者によると「COMPUTEX初日の2日(火)に展示出来なかったのは、Intelの正式発表待ちだったため」というワケで、2日(火)と3日(水)では展示内容がガラリと変わっていた

一番の注目は、リバーシブル仕様のUSB3.1(Type-C)ポートの存在だ。コントローラチップには、Intel製を世界初搭載。チップセット経由のPCI Express3.0(x4)レーンおよびCPU経由のディスプレイ信号により、DisplayPort 1.2やThunderbolt 3への接続にも対応する。合計40Gbpsの帯域を活用可能できるため、デュアルUSB3.1接続時においても、速度低下なく10Gbps帯域を同時に利用できるという。

「GA-Z170X Gaming G1」
IntelチップのUSB3.1コントローラ。I/O部のポートはUSB3.1(Type-C)形状だが、DisplayPort 1.2やThunderbolt 3への接続にも対応する

 

ハイエンドユーザーには嬉しい強化PCI-Expressスロット

解説を担当してくれたメーカー担当者いわく「最近特に増えているのが、拡張スロットの破損」。そこで導入されたのが「Ultra Durable Metal Shielding PCIex16 Slots」だ。3スロット仕様のハイエンドグラフィックスカードなど重量級モデルを支えるべく、スロット全体を金属製のカバーで覆っているというもの。カバーは基板側としっかりハンダ付けされており、ホールド感は飛躍的に向上。さらに当初予定していなかった嬉しい副作用として、放熱効果EMIシールド効果も確認できたという。

スロット全体を金属製のカバーで覆っている「Ultra Durable Metal Shielding PCIex16 Slots」。基板側にしっかり固定されているのが分かる

 

画像で見る「GA-Z170X Gaming G1」

水冷対応のヒートシンクに守られた16+4フェーズ構成のCPUソケット周り。Skylakeでは電圧レギュレータがCPU内蔵ではなくなる。そのため、かつてのように「フェーズ数の多い製品が増えてくる」とのこと
SATA Expressは3基 PCI-Express3.0 (x4)のM.2スロットは2基用意されていた
LANコントローラは「Killer E2201」×2とIEEE 802.11ac対応の無線LANコントローラ「Killer E1535」(製品版に搭載予定)のトリプル仕様で優先トラフィックの自動検出を可能とした「Killer DoubleShot Pro X3」をサポートする
SN比120dB以上をうたう「Sound Baster ZxRi」 オーバークロッカー向けに「Turbo B-Clock」を実装。CPUのベースクロックを90~200MHzの範囲で変更できる

 

そのほか「100」シリーズマザーボード一覧

「GA-Z170X-Gaming GT」 「GA-Z170X-Gaming 7」
「GA-Z170X-Gaming 5」 「GA-Z170X-Gaming 3」
「GA-H170-Gaming 3」 「GA-Z170X-UD5 TH」
「GA-Z170X-UD3」 「GA-Z170XP-SLI」
「GA-Z170X-SLI」 「GA-Z170-D3H」
Mini-ITXモデル「GA-Z170N-WIFI」

文: GDM編集部 Tawashi
日本ギガバイト株式会社: http://www.gigabyte.jp/

totop