【COMPUTEX】ASUS初のX99搭載MicroATXマザーボード、「X99-M WS」国内市場投入が決定

2015.06.03 10:00 更新

2015.06.03 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 ASUS(本社:台湾)のIntel X99 Expressチップセット搭載マザーボードとしては初のMicroATXフォームファクタとなる、「X99-M WS」がひっそり展示されていた。小型のワークステーション向けモデルとして注目度は高い。(南港展覧館)

Xeon E5シリーズも使える、ASUSのMicroATXマザーボード

ASUSTeK製のIntel X99 Expressチップセット搭載したワークステーション向けマザーボードといえば「X99-E WS」。マルチGPU構成が当たり前のコアゲーマーを含む、ハイエンドユーザーに人気のモデルだ。

「X99-M WS」

今回、南港展覧館のASUSブースにひっそり展示してあったのが「X99-M WS」。ASUSTeK製のIntel X99 Expressチップセット搭載マザーボードとしては、初のMicroATXフォームファクタ対応モデルとなる。

Z97のMicroATXではパワー不足という贅沢なユーザーにはオススメ

DDR4メモリスロットが4本となるなどサイズ故の制限はあるものの、ヒートパイプを採用する冷却機構や、IEEE802.11acサポートの無線LAN機能、M.2スロット、USB3.1などを実装する。

ASUS国内担当者によると「9月頃の発売で国内投入を予定している」とのこと。Haswell-Eベースの小型マシンを組みたい人にとっては、チェックしておくべきモデルの登場だ。

文: GDM編集部 Tawashi
ASUSTeK: https://www.asus.com/jp/

totop