「コレオシ」Vol.945 ~三月兎2号店~ファミコンディスクシステムが甦る「VirtuaQD」

2014.10.27 00:00 更新

2014.10.27 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 往年のファミコンディスクシステムの機能をあまねくエミュレートする、レトロゲーマー感涙の「VirtuaQD」がコレオシにやってきた。Norixさん製作の同人ハードウェアで、先週に三月兎2号店に入荷するや否やたちまち完売。「年末から年始を予定」という次回入荷を前に、ひとまず原田さんのお話で予習しておこう。ちなみにエミュレータ繋がり(?)で左手に持っているのは、FDDエミュレータ「HxC Floppy Emulator」だ。

  • 三月兎2号店 原田さん
    三月兎2号店 原田さん
  • VirtuaQD
    VirtuaQD
Vol.945 三月兎2号店 原田さん
VirtuaQD 売価税抜20,371円
http://www.2a03.jp/~norix/virtuaqd/index.html

「最近はこう、レトロなものばかりを追いかけている気がします。イマドキのPC事情とかはサッパリなんですが、今日ご紹介する『VirtuaQD』もその手合い。往年のファミコンディスクシステムや同規格のクイックディスクをエミュレートできるハードウェアで、入荷数も少なく即完売。次回入荷は来年になりそうなので、サンプルを手に今の内にコレオシしておこうという次第です。『ファミコン探偵倶楽部』とか『トキメキハイスクール』のワードでビビッとくる方にとっては、それはもうワクワクするハードだと思いますよ。

ディスクドライブ本体とインターフェイスをコレ1台でエミュレートできるので、持っているディスクカードをイメージ化したり、ディスクカードへイメージを書き込んだり、何でもこなします。もちろんイメージが書き込まれたSDカードを入れておけば、実際にディスクシステムとして使うこともできるってワケですよ。
 さらにはディスクシステムのベルト調整機能も搭載しているので、もしヘッド位置がズレて動かなくなっても安心(本体の話です)。ベルト関連はメンテ含めユーザー泣かせな部分がありましたが、この機能で復活できる個体があるかもしれませんね。

パッケージはこの手の同人ハードウェアでは定番、衝撃にも強い“タッパー”。ちなみにACアダプタやケーブルは別途用意・自作する必要がある
ちょっと贅沢な「NESRGB」コラボのデモ環境。リセットボタンは押していいですよ

そんなレトロゲーマー感涙の『VirtuaQD』、なんと店頭では『NESRGB』でRGB出力するという夢のコラボ環境でデモをやってます。よほどのマニアの方ならともかく、店頭ではおそらく世界初(笑) 私自身、こんなにキレイなディスクシステムの画面は見たことがありません。次回入荷はちょっと先になりますが、逃してしまった方はこちらを眺めながら我慢していただければと思います。」

こちらはポーランド発のFDDエミュレータ「HxC Floppy Emulator」(税抜17,980円)。SDカードをFD化できるハードウェアで、現在は店頭にて在庫販売中だ

文: GDM編集部 絵踏 一
三月兎2号店: http://www.gdm.or.jp/shop/usagi-2/

totop