「コレオシ」Vol.895 ~ツクモパソコン本店~ASUSTeK「H97-PRO GAMER」

2014.08.26 03:02 更新

2014.08.26 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 このほど、長年勤務したTSUKUMO eX.からツクモパソコン本店に活躍の場を移した高崎さん。今回コレオシするのは、Haswell Refresh向けの人気マザーボード「H97-PRO GAMER」。「別にオーバークロックとかはしませんよ」という人にこそ、オススメの1枚だそうです。

  • ツクモパソコン本店の高崎さん
Vol.895 ~ツクモパソコン本店 高崎さん
ASUSTeK「H97-PRO GAMER」特別価格で販売中

http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2014/0717/78299

「Devil`s Canyonも含めてですが、2万円クラスのHaswell Refresh対応マザーボードとして人気なのが、ASUSTeK『Z97-PRO』ASRock『Z97 Extreme6』ですね。そして1万円クラスのコストも優先される方にオススメしたいのが『H97-PRO GAMER』です。

正直、オーバークロックをしないのであれば、チップセットはH97で十分ですし、もちろんゲーム用PCでもOK。『H97-PRO GAMER』はGAMERと名乗っていますが、ASUSTeKのゲーミングブランドであるR.O.Gシリーズではありません。それでも、サウンドにはこのクラスでは贅沢な、高音質オーディオ回路『SupremeFX』を搭載。ネットワークはTCP/UDPスループットに優れるIntelチップで、さらにデータ通信最適化ソフトの『Game First II』にも対応しています。

ゲームをするかどうかは関係なくオススメの「H97-PRO GAMER」
高品質なサウンド機能に9点留めのネジ穴。電源コネクタやSATAコネクタを接続する際も安定した状態で差し込むことができる

前世代ですが、ASRock『Fatal1ty H87 Performance』というマザーボードがありました。H87採用ながらゲーミングを謳う人気となったモデルですが、今回の『H97-PRO GAMER』は明らかにそれを意識した製品です。ASRockからは今回も『Fatal1ty H97 Performance』が発売されていますが、こちらはSATA ExpressやM.2がないなど、『H97-PRO GAMER』と比べるとスペックは見劣りします。もちろん価格が違うので単純比較はできないのですが、将来的な拡張性という点では『H97-PRO GAMER』が一歩リードといったところでしょうか。

やはり、似たようなモデルとしてGAMERが付かないノーマル版の『H97-PRO』がありますが、『H97-PRO GAMER』は電源フェーズ数が8だったり、マザーボードマウント用のネジ穴が9点留めだったりとだいぶ異なっています。プラス数千円の価値は十分あると思いますよ。」

文: GDM編集部 Tawashi
ツクモパソコン本店: http://www.gdm.or.jp/shop/tsukumo/
ASUSTeK Computer Inc.: http://www.asus.com/

totop