独自耐久技術「XPERT」対応のデータセンター向けSSD、Micron「M500DC」アキバに登場

2014.07.25 17:40 更新

2014.07.25 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 Micron Technology(本社:アメリカ アイダホ州)のデータセンター向け高耐久SATA3.0(6Gbps)対応SSD、「M500DC」シリーズがアキバ店頭に登場した。今回入荷したのは2.5インチモデルで、容量は480GB。

Micron製20nmNANDとオリジナルファームを採用したデータセンタ向けSSD

M500DCシリーズ
MTFDDAK480MBB 販売価格税込59,800円
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2014/0423/67950
Micron製20nm MLC NANDフラッシュと、カスタムファームウェアを実装したMarvell「88SS9187」を採用するデータセンター向けSSD「M500DC」

Micronブランドのデータセンター向けSSD、「M500DC」シリーズの販売がパソコンハウス東映にて開始された。フォームファクタは2.5インチで、容量は480GBモデル「MTFDDAK480MBB」の1機種。ちなみに今回入荷したのは並行輸入品のため保証は半年間となる。

「M500DC」では、フォームファクタは1.8インチと2.5インチ、容量は120GB~800GBまでラインナップされているが、今回入荷したのはシリーズ中、最も高速な2.5インチの480GBモデル「MTFDDAK480MBB」

Micron製20nm MLC NANDフラッシュと、カスタムファームウェアを実装したMarvell「88SS9187」を採用。またMicron独自耐久技術「eXtended Performance and Enhanced Reliability Technology」(XPERT)を搭載し、1日あたり総容量の1~3倍書込に5年間対応できる耐久性と信頼性を実現した。

今回入荷したのはホワイトボックスの並行輸入品

主なスペックは、シーケンシャル読込425MB/sec、書込375MB/sec、ランダム読込63,000 IOPS、書込35,000 IOPS。レイテンシは読込0.5ms/書込1.5msで、消費電力はアクティブ時6.0W以下、アイドル時200mW。外形寸法は、W69.85×D100.2×H7mmで、重量は90g。

文: GDM編集部 Tawashi/GDM編集部 池西 樹
Micron Technology: http://www.micron.com/

totop