【COMPUTEX】日本では7月登場、エアフロー重視のENERMAX新型120mmファン「Twister Storm」がデモ

2014.06.12 11:39 更新

2014.06.12 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket

 ENERMAX(本社:台湾)ブースで披露されていたのは、冷却ファンの新作「Twister Storm」を使ったデモ。とにかく風量が欲しいという人にとっては注目の120mm口径ファンが間もなく市場に投入される。

ENERMAX
会場:NanGang Exhibition Hall 1F J1210

http://www.enermaxjapan.com/

「Twister Storm」(型番:UCTS12A)は、最大回転数3,500rpm、最大風量154.53CFMを誇る120mm口径ファン(120×120×25mm)。従来モデルより約30%ほどエアフローが向上した新型ブレードを搭載。回転数/風量は1,500rpm/72.46CFM、2,500rpm/115.75CFM、3,500rpm/154.53CFMの3段階から選択可能とされる。

ブースで行われていたデモは、回転数を同一状態にした某S社のファンと並べて風量を比較するというもの。長さ約120cmのアクリル製ケース内の端から反対側に設置された風車を回す仕組みで、風量の違いが実感できるようになっていた。

担当者によると、日本での発売は7月予定で価格は3,000円前後になる見込み。PCケースのフロントに取り付けるなど、「多少静音性を犠牲にしても風量を確保したい人にオススメ」とのこと。

文: GDM編集部 Tawashi
ENERMAX: http://www.enermaxjapan.com/

totop