【COMPUTEX】見たことのあるヒートシンクがずらり並ぶHSIN WEIブースにお邪魔してみた

2014.06.10 17:22 更新

2014.06.10 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 「COMPUTEX TAIPEI 2014」のネタを散策中に、見たことのあるヒートシンクがずらりと展示されているHSIN WEI ELECTRONIC TECHNOLOGY CO., LTD(本社:台湾)ブースを発見。少々お邪魔して話を聞いてみることにした。

主要マザーボードメーカーのヒートシンクを受託生産

HSIN WEI ELECTRONIC TECHNOLOGY CO., LTD
会場:NanGang Exhibition Hall 1F I0204
http://www.hsinwei.com.tw/
ASUS/GIGABYTE製最新マザーボードのヒートシンクがズラリと展示

「COMPUTEX TAIPEI 2014」散策中に見つけたHSIN WEI ELECTRONIC TECHNOLOGYは、台湾に本社を置く冷却機器メーカー。主にマザーボード向けアルミ製ヒートシンクを得意としており、OEM向けの製品を製造・販売している。

主要メーカー製マザーボードは、大型かつカラーリングにも凝ったヒートシンクが搭載されることが多く、要望を反映しつつ想定コスト内を抑えるのが難しいという

またその高い製造技術と冷却性能から、ASUS、GIGABYTE、MSIなどの主要マザーボードベンダーと提携。各メーカーオリジナルデザインのヒートシンクの開発・製造も手がけている。

NANDフラッシュやDRAMの高速化に伴ない、近頃ではメモリメーカーでの採用も増えてきている

マザーボードメーカーとの開発体制について、Specialist Mkt. & Sales Dept. Evelyn Chen氏に確認したところ、まずは先方からデザイン案が届き、それを元に社内の開発者が冷却性能・製造コストなどを検討。その後両者で打ち合わせをして細部を詰めていくとのこと。近頃のマザーボードは、デザインやカラーにこだわった製品が多く、そのままでは「想定コストに収まらない」ため、うまく調整しつつ開発するのがメーカーとしての腕の見せ所となるそうだ。

Specialist Mkt. & Sales Dept. Evelyn Chen氏

文: GDM編集部 池西 樹
HSIN WEI ELECTRONIC TECHNOLOGY CO., LTD: http://www.hsinwei.com.tw/

totop