【COMPUTEX】RAIJINTEK、今秋発売予定のオールインワン水冷をチラ見

2014.06.05 12:00 更新

2014.06.04 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 RAIJINTEK Corporation(本社:台湾)ブースに陳列されていた、新型オールインワンユニットに注目。クーラント液が視認できるスケルトンタイプのウォーターブロックを採用し、この秋にも発売が開始される予定らしい。

予告通りに投入されるRAIJINオールインワン水冷

Raijintek Co Ltd
場所:NanGang Exhibition Hall 1F I0302
http://www.raijintek.com/

かねてより市場投入が予告されていた、RAIJINTEKブランドのオールインワン水冷ユニット第1弾が、同社ブースに登場。この秋にも発売が予定されるという初物をチェックしておこう。

これが今秋にも登場が予定されている、RAIJINTEKブランド初のオールインワン水冷ユニット

今回用意されたのは、現状プロトタイプ状態の280mmサイズラジエター採用モデル。140mm口径冷却ファンは15mm厚を搭載し、小型PCケースへの対応を窺わせる。
 また最大の特徴は、スケルトンタイプのポンプ一体型ウォーターブロックの採用であろう。

スケルトンカバー単体の展示も行われ、既存ライバル品との差別化をアピール

黄緑色がなんとも美しいクーラント液は、この他に赤と青を用意。合計3色ラインナップが予定されており、好みの色が選べるようになるという。さらにドレンボルトも用意され、ユーザーの手によるクーラーント液の補充や入れ替えの可能性も期待できそうだ。

文: GDM編集部 松枝 清顕
Raijintek Co Ltd: http://www.raijintek.com/

totop