年内ギリギリセーフ。GTX 760デュアルのモンスターVGA、ASUSTeK「MARS 760」発売開始

2013.12.27 17:10 更新

2013.12.27 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 NVIDIA GeForce GTX 760をデュアル実装する、ASUSTeK Computer Inc.(本社:台湾)のモンスターグラフィックスカード「MARS760-4GD5」の発売がパソコンショップアークにて開始。入荷量は少量で、売価は税込82,980円。

GTX TITANを超えるデュアルGPU搭載モンスターグラフィックスカード

MARS760-4GD5 売価税込82,980円(発売中)
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2013/1120/51389
近頃では珍しい、メーカーオリジナル基板採用のデュアルGPUグラフィックスカード「MARS760-4GD5」

NVIDIA GeForce GTX 760をデュアル搭載するオリジナルグラフィックスカード「MARS760-4GD5」の国内発売が本日27日より開始された。

ASUSTeKが展開するゲーミングブランド「R.O.G.(Republic of Gamers)」シリーズの製品で、動作クロックはコアベースクロック1,006MHz(リファレンス980MHz)、ブーストクロック1,072MHz(リファレンス1,033MHz)のオーバークロック仕様。さらに2つのGPUをSLIで動作させることで、フラッグシップモデルGeForce GTX TITANを超えるパフォーマンスを実現する。

「MARS760-4GD5」には、SLIコネクタも用意され、Quad SLIの構築も可能

またVGAクーラーには「DirectCU II」技術を採用したオリジナルクーラーを搭載。デュアルGPUをそれぞれ個別冷却する分離構造のヒートシンクに、8本の極太ヒートパイプを組み合わせ、発熱の多いデュアルGPUソリューションを強力に冷却。さらにデジタル電源「DIGI+ VRM」と高耐久コンポーネント「Super Alloy Power」で構成される12フェーズ回路により、高負荷時でも安定した動作を可能にした。

2ブロックに分離されたヒートシンクがそれぞれのGPUを冷却することで、高い冷却性能を実現

その他スペックは、CUDAコア1,152基×2、メモリクロック6,004MHz、メモリバス幅256bit×2で、GDDR5 4GBのビデオメモリを実装。出力インターフェイスはDualLink DVI-I×2、DualLink DVI-D×1、miniDisplayPort×1の4系統。バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)、PCI-Express補助電源は8pin×2が用意される。

文: GDM編集部 池西 樹
製品情報(ASUSTeK): http://rog.asus.com/276632013/graphics-cards-2/faster-than-titan-rog-launches-the-mars-760/

totop