なんだか気になる、熱伝導率200W/m・Kをうたう「熱拡散シート」がワイドワークから発売中

2013.10.26 08:00 更新

2013.10.26 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 株式会社ワイドワーク(本社:東京都千代田区)から、さまざまな箇所に貼って利用することができる「熱拡散シート」(型番:TS03-95)が発売された。価格は税込1,380円。

自由に切って貼り付けるだけの「熱拡散シート」

「熱拡散シート」(型番:TS03-95) 売価税込1,380円(販売中)
http://www.widework.co.jp/pc/contents14.html

「熱拡散シート」とは何なのか?ワイドワークによると「熱源より発生した熱を最大限に水平方向(面方向)へ移動・拡散させた後、垂直方向(厚み方向)に熱伝導させるシート」だという。さらに「熱源を中央に設置した場合は、シート上に熱拡散。1ヶ所に熱をこもらせずに熱移動・熱拡散させることがポイント」としている。

スペックは熱伝導率が「200W/m・K(面方向)」(厚み方向は1.5W/m・K)。使用温度範囲は-20℃~120℃、粘着力7N/25mm(片面粘着)、比重4.8g/cc。外形寸法は、W95×D95×H0.03mmで、使用用途や場所に応じた形状にカットして利用する仕組み。CPUやGPUのコア部分にグリスの代わりに貼り付けるといった使用方法が考えられる。

販売しているのは東映ランド。気になる人は早速試してみてはいかがだろうか。

文: GDM編集部 Tawashi
株式会社ワイドワーク: http://www.widework.co.jp/

totop