最大10台のHDDが入居できるレジデンスタワー、センチュリー「裸族のスカイタワー10BAY SATA6G」

2013.07.19 18:11 更新

2013.07.19 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket

 最大10台のHDDを収納できる外付けHDDケース、センチュリー「裸族のスカイタワー10BAY SATA6G」(型番:CRST1035EU3S6G)がアキバに登場した。販売ショップはパソコンショップアークで、売価は税込39,800円。

  • 0719_01_akiba_1024x768_01

SATA3.0対応により、転送速度が30%以上アップ

1010_01_akiba_1024x768_03
ミドルタワーPCケースに匹敵する巨大HDDケース「裸族のスカイタワー10BAY SATA6G」

PCケースを彷彿とさせる、大型筐体を採用した外付けHDDケース「裸族のスカイタワー10BAY SATA6G」(型番:CRST1035EU3S6G)センチュリーから登場した。フロントアクセスベイに、最大10台の3.5インチSATA HDDを搭載可能。電源容量は300Wで、インターフェースはUSB3.0とeSATAの2系統が用意される。

「裸族のスカイタワー10BAY」の後継モデルにあたり、内部インターフェイスがSATA3.0(6Gbps)へとアップデート。SATA3.0 SSDを装着した場合は、eSATA接続で330MB/sec、USB3.0接続でも300MB/secの高速アクセスが可能になった。また2.5-3.5インチSATA変換マウンタ「裸族のインナー」を使えば、2.5インチSATA HDD/SSDにも対応する。

最大4TBまで認識可能。10台用意すれば40TBの超大容量ストレージを構築できる

1010_01_akiba_1024x768_09
無駄な消費電力を抑えるため、HDDセレクトスイッチ機能を搭載 USB/eSATAともケーブル1本ですべてのHDDを認識可能

外形寸法は、W179×D385×H330mm、重量約6,000gで、140mm冷却ファンを搭載。対応OSは、Windows 8/7/Vista/XP(32bit SP3)、Mac OS 10.8.4/10.7.5/10.6.8。製品には本体、専用ACケーブル、USB3.0ケーブル、eSATAケーブル、ドアロックキー、裸族のインナーが付属される。

文: GDM編集部 Tawashi/GDM編集部 池西 樹
製品情報(センチュリー): http://www.century.co.jp/products/pc/hdd-case/35satahddusb30/crst1035eu3s6g.html

totop