[COMPUTEX]Rosewillブースで発見。肉厚アルミ筺体のコンパクトメカキー「Micro RK-9000」

2013.06.06 00:23 更新

2013.06.05 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 Rosewill Inc.(本社:アメリカ)のブースにて、蒐集欲を刺激されるミニマムなメカニカルキーボード「Micro RK-9000」と遭遇。分厚いアルミ筺体がまぶしいこの製品、グローバルでは早くも来月に登場する予定らしい。

Rosewill Inc.
会場:NanGang Exhibition Hall 4F N0108
http://www.rosewill.com/

剛性は申し分なし。親指大活躍のファンクションキー配置にも注目

Rosewillといえば、国内でも高品質でお手頃価格なメカニカルキーボード「RK-9000」シリーズを展開していることでお馴染み。今回COMPUTEX会場には、そのコンパクトモデルといえる「Micro RK-9000」が持ち込まれた。

小柄ながら装甲板のような分厚いアルミ製筺体を採用。“60% Aluminum”の文字が示す通り、剛性の高さは推して知るべしといった製品だ。ただし重すぎるということはなく、取り回しに苦労することはないだろう。

高剛性なアルミ製筺体に身を包むメカニカルキーボード「Micro RK-9000」。66キー英語配列のコンパクト設計で、スペースキー両脇にファンクションキーを配置する

やや見づらいものの、「F」キー上には「Del」キーを割り当て。「QWERT」キー側面に見えるのは、プロファイル切替えキーだろうか

フレームの分厚さがよく分かる側面からの図。キートップ形状はステップスカルプチャ構造を採用する

キー数は必要最小限の66キーに抑えられ、通常ピッチながら両指を広げればすべてのキーにアクセスできる。また、スペースキー両脇にファンクションキーを実装。普段遊ばせている親指を活用するとともに、押し合わせにより機能キーやメディアキーの呼び出しを可能にする。
 これは以前に詳細レビューをお届けした「Majestouch MINILA」とも共通するコンセプト。「F」キーに「Del」キーが割り当てられるなど、「MINILA」同様にホームポジションマーカーを押し合わせの目印に利用しようという意図がうかがえる。

ややあっさりした底面には、傾斜をつけるチルトスタンドを搭載。滑り止めのゴム足も四方に配置されている

接続インターフェイスはUSBで、「RK-9000」シリーズでもおなじみの脱着式ケーブルを採用する

なお、スイッチはZF Electronics社(旧Cherry)製のCherry MXスイッチが搭載されるとのことだが、詳細は不明。コントローラには32bitARM製チップを採用するほか、128KBのオンボードメモリも搭載。ゲーミング向けにキーアサインのカスタマイズにも対応する模様だ。

グローバルでの発売は7月中が予定されている。市場想定売価は139.99ドルだ。

文: GDM編集部 絵踏 一
Rosewill Inc.: http://www.rosewill.com/

totop