「コレオシ」Vol.485 ~三月兎2号店~「電子工作マガジン」

2013.04.08 00:00 更新

2013.04.08 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

 書籍の取り扱いも豊富な“書店”としての顔ももつ三月兎2号店。現在原田さんがオススメなのは、季刊誌「電子工作マガジン」の最新号だ。工作キットの紹介から“ハンダ付け達人への道”までと、工作大好きっ子にはたまらない充実した情報が満載。同氏のような玄人もページをめくっている内に懐かしさがこみ上げてきて、ついつい読みふけってしまうのだとか。

  • 三月兎2号店 原田さん
  • 電子工作マガジン
Vol.485 三月兎2号店 原田さん
「電子工作マガジン」
http://www.denkomagazine.net/
売価税込1,260円

「うーん、やっぱり面白いなぁ。本来は初心者から中級者向けの雑誌なんですが・・・ああ、こんな感じのやったっけなぁみたいな懐かしさがありますね。落ち着くっていうか、何なんでしょうね。それに中身が変わらない!もちろん書いてある内容は時代に合わせて変わってるワケですが、いつ読んでも同じ感じで楽しめるってのはスゴイと思いますよ。

さて今回はこの『電子工作マガジン』のご紹介です。ひょっとしてコレオシで本が登場するのは初めてじゃないですか?まずはページをパラパラ・・・早い話が電子部品や工作キットの紹介、さらにちょっとレベルの高い応用編、そしてあとは自分で考えてやってみよう的な感じになっています。初心者でもそれなりに読めるような部分も多くて、ウチの店長も『なんだか戦車作りたくなってきたなぁ』なんて感化されてましたね。しかし広告一つとっても計測器とかそういうのばっかり・・・改めて専門誌なんだなぁと実感です。

それと私なんかのように、この手の段階を卒業しちゃった人間も結構楽しめるんです。相当昔に読んでた雑誌でおなじみだったライターさんがまだ現役で書いてたりして、え!?みたいな驚きもあったり。挿絵描いてる方も全然絵柄が変わらないんですよねー・・・。それはさて置き、機械好きな子供とお父さんが一緒に楽しめるような、そんな中身になってます。ウチにはバックナンバーも全部揃ってますよ。もちろん工作キットもね。」

文: GDM編集部 絵踏 一
三月兎2号店: http://www.gdm.or.jp/shop/usagi-2/

totop