ランダム最高10万IOPSの上位モデル「SSD 840 Pro」 256GBモデル販売開始

2012.11.15 17:44 更新

2012.11.15 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

SAMSUNGのSATA3.0対応SSD「SSD 840 Pro」シリーズの発売が本日より開始された。在庫を確認したのはパソコンハウス東映ツクモパソコン本店でいずれも容量は256GBモデルのみ。なお販売価格はパソコンハウス東映が税込22,480円、ツクモパソコン本店が20,780円。

ランダムアクセス10万IOPSの超高速SATA3.0 SSDがアキバ登場

the Voiceで既報のSAMSUNG製SATA3.0(6Gbps)対応SSDの新製品「SSD 840 Pro」シリーズ256GBモデル「MZ-7PD256B」の発売が本日より開始された。

すでに販売が開始されている「SSD 840」シリーズの上位モデルで、コントローラは同じ「MDX」だが、NANDフラッシュにToggleタイプのMLC NANDフラッシュを組み合わせることで、シーケンシャル読込540MB/sec、書込520MB/sec、ランダム読込100,000 IOPS、書込90,000 IOPSの高速転送を実現。SATA3.0(6Gbps)対応製品では最高クラスのパフォーマンスを備えている。

またコントローラの省電力機能に加えて、キャッシュメモリを省電力なLPDDR2 SDRAMとすることで、既存モデルから動作時で約45%、待機時約30%消費電力を削減。ノートPCと組み合わせればバッテリー駆動時間の延長効果も期待できる。

なお256GBと128GBの2モデルについては、国内正規代理店版の入荷も複数ショップで確認。問題がなければ明日16日から販売が開始される。

文: GDM編集部 Tawashi/GDM編集部 池西 樹
ツクモパソコン本店: http://www.gdm.or.jp/shop/tsukumo/
パソコンハウス東映: http://www.gdm.or.jp/shop/phouse-toei/

totop