「コレオシ」Vol.330 ~OVERCLOCK WORKS~「液体窒素用デュワー瓶」

2012.10.02 10:17 更新

2012.10.01 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

本日のコレオシは9月29日(土)に、移転オープンしたOVERCLOCK WORKSからお届けする。より秋葉原駅よりアクセスのしやすい外神田3丁目エリア(新住所:東京都千代田区外神田3-2-9 大矢ビル3F)に進出し平日営業も検討中という同店の今後には注目だが、今回のコレオシアイテムもなかなか珍しい。早速、店長の渡邉さんに紹介してもらおう。

Vol.330 OVERCLOCK WORKS 渡邊さん
液体窒素用デュワー瓶 売価税込48,800円

「こんにちは。移転オープンの準備もなんとか終わり、ようやく再開することができました。今後とも改めてOVERCLOCK WORKをよろしくお願いします。さて、ご紹介するのは、液体窒素保管用の専用容器『液体窒素用デュワー瓶15L』です。どうです、秋葉原といえども、こんな製品を売るのは初めてでしょう。これさえあれば、ご自宅で心おきなく極冷に挑戦することができるようになります。とはいえ、デュワー瓶というのはその特殊性から、通常10万円以上するものがほとんどなのです。ところが、今回は特別に安価なデュワー瓶が入荷したので、単体販売を行っているというワケなのです。

本体は中国製で外装に多少のキズ、塗装のハゲや汚れがありますが、性能には問題ありません。当店でも1度液体窒素を入れて、真空抜けのチェックを行っていますし、液体窒素蒸発量(目安として約0.097L/1日)も少なく、使用感はなかなか良好でした。

ちなみに、液体窒素の入手方法は、お住まいの近くのガス屋さんにご相談いただくことになります。価格は1リットル500円~1,000円ほどでしょうか。念のため、電車など公共の交通手段では運べませんから、車がない場合は配送ということになります。このあたりのコストも計算に入れておく必要がありますね。
 また、注入方法も自分のデュワーに大きいタンクから注ぐか、またはすでにデュワーに酌んであるものを自分のデュワーに移すなどして入手することになります。やはり、まずは液体窒素が入手できるかをよく調べてから購入されることをおすすめしますね。もちろん購入時に相談していただければ、お答えすることも可能です。どうです、この機会にご自宅に液体窒素を導入されてみては?」

文: GDM編集部 Tawashi
OVERCLOCK WORKS: http://www.gdm.or.jp/shop/ocw/

totop